似而非

110 の例文 (0.00 秒)
  • 似而非豪傑流の習慣は、決して身に積まざるやうにと心掛けねばならぬ。 ...
  • その似而非えせ気取りを葉子は幸いにも持ち合わしていないのだと決めていた。 ...
  • もしあるとすればナンセンスであり、似而非えせ駄文学だぶんがくにすぎないのだ。 ...
  • 似而非劇作家は、これを意識的にやつても、それだけの結果を生み得ない。 ...
  • 開けかかっていた彼の若い心は、似而非貞女えせていじょから腐儒の手に移った。 ...
  • 狡猾こうかつなる似而非えせ予言者らは巧みにこの定型を応用する事を知っている。 ...
  • 故に後者は本質の詩であって、前者は形式だけの似而非えせ詩である。 ...
  • 彼らはたがいに似而非えせ文学者だとし、似而非学者だとしていた。 ...
  • 似而非使者えせししゃは、試験さるゝ学生の如く、真赤な嘘を真顔で繰り返えした。 ...
  • そしてその恋人の幻をその似而非女の形骸でまやかしてゐる事に自分で気がつかないんだわ。 ...
  • 彼等は、「日本製」似而非ニヒルの中にイカリをおろしはじめたようだ。 ...
  • 故に真の詩と似而非の詩との区別も、やはり表現の上に於て、何等かの形式で見る外はない。 ...
  • 新奇を衒ふ似而非芸術家と、因襲を墨守する官学的芸術家への挑戦である。 ...
  • その男のことが先生の生れた釧路の方で評判になると、似而非者が五六人できて、北海道をあちこちと歩き廻るようになったんだ。 ...
  • わが人類は、似而非人間研究家えせモラリストたちのこういう泥沼から抜け出すべきだろう。 ...
  • もし其処に似而非えせ現実主義というものがあると仮定すれば、それは自己のない生活である。 ...
  • しかし、感覚だけで、実は一週間の似而非住民であった僕には、日本に帰る日もいやおうなしに迫っていた。 ...
  • 次へ