似た外見

90 の用例 (0.00 秒)
  • ややアジア人に似た外見が特徴で、これは本人も認めるところである。
  • またオイルに似た外見と物性のため、最も曝露しやすいのは皮膚となる。
  • その地球の動物に似た外見から、マール星人の中にも多くの種がいることがわかる。
  • 遊泳性のエビに似た外見で、大部分は世界中の比較的深い外洋に生息する。
  • だからリディアは、その人形と似た外見になってたんだ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第13巻 紅の騎士に願うならば』より引用
  • 体形はほっそりしており、原始的な鳥盤類に似た外見を持っている。
  • 個体ごとで多種多様な機能が確認されており、似た外見でありながらまったく違う能力を持っている場合もある。
  • 数種あるが、いずれも比較的よく似た外見である。
  • 垂れ耳で白い毛並みに覆われた、ウサギか犬に似た外見をしている。
  • また、産まれて来る子は青野さんの血を引いてるはずだから、彼に似た外見になると予想される。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 非常に良く似た外見のため、ネコマジンZ本人と間違えられていた。
  • 直線的な位置を計測する、よくある直動シリンダによく似た外見の装置である。
  • エビに似た外見をしており、巨大な群れを作って群泳する。
  • 第3版以降はカラスに似た外見を持つようになり、羽根は退化してなくなっている。
  • 真ゲッターロボの汎用機として開発されたため、真ゲッターに似た外見となっている。
  • 進化によってある特定の環境に似た外見を獲得して擬態するものと、自分の外見を変化させる能力を獲得して擬態するものがある。
  • ヨーロッパの片刃の直刀で、肉切り包丁や鉈に似た外見を持つ。
  • 日本人と似た外見の者も多い。
  • ベキナギナタタケとやや似た外見を持つ毒キノコカエンタケが、誤って食された事故が報告されている。
  • よく似た外見で現代もアラビア文化圏で用いられている楽器であるウードと同じ起源をもつとされ、また日本や中国の琵琶とも祖先を同じくする。
  • 次へ »

似た外見 の使われ方