伴星b

34 の例文 (0.00 秒)
  • また、2009年8月の観測では伴星Bの内側に別の天体が発見された。 ...
  • この連星系に関する研究が行われたが、伴星Bの性質は良く分かっていない。 ...
  • 伴星Bは、1871年12月20日にバーナムによって初めて観測された。 ...
  • 主星Aと伴星Bは、かなり近接しているが、接触はしていない。 ...
  • 伴星Cは、1990年代にはその存在を知られていたが、伴星Bが先に発見されていたので、伴星Cとなった。
  • 主星Aは太陽と同じG型主系列星に、伴星Bはより暗いK型主系列星に分類される。
  • それ自体が連星系を成している2等星の主星Aと11等星の伴星Bによる三重連星を構成している。 ...
  • 主星がLBVのような膨張を起こした際には、主星Aと伴星Bの間の平均距離よりも大きく膨張していたと推測されるが、大量に物質が放出されたことにより疑似光球が発生し、そのように大きく膨張したように見せかけていた可能性もある。 ...
  • この星周塵は、主星Aだけでなく、伴星BとCの系の周り、そして3重連星系全体の周りにも存在する可能性が指摘されている。 ...
  • 伴星Bは、質量は太陽の3割程度の赤色矮星とみられる。 ...
  • その後1851年にはオットー・フォン・シュトルーフェによって伴星Bが伴星Cを従えていることが発見された。 ...
  • B型のスペクトルを持つ準巨星である主星Aと約40秒離れた位置に見える伴星Bの二重星である。 ...
  • 補償光学が発達したことで、もう一つの伴星Cを分離する観測の傍ら、伴星Bが2つの星からなることが確かめられ、それぞれ伴星Ba、伴星Bbと呼ばれることになった。 ...
  • 視覚的に分離できる伴星Bは、スペクトル型がM0 Vに分類される赤色矮星で、質量は太陽の半分程度とみられる。 ...
  • 伴星Bは主星Aから12〜26auの軌道を57〜66年かけて周っていると考えられている。 ...
  • 主星Aと伴星Cの周りを回るように、離れた場所に伴星Bがあり、その距離はおよそ40AU、公転周期は700年くらいあると予想されている。 ...
  • 光度曲線の変化から、自転周期は主星Aがおよそ6時間半、伴星Bがおよそ17時間と推定され、質量やスペクトルがよく似ている2つの星の自転速度に大きな差があることになる。 ...
  • 次へ