伴星

620 の例文 (0.01 秒)
  • また、B星のペアの周囲を周る別の伴星の存在も示唆されている。 ...
  • 年周視差がの伴星であるBが270天文単位離れた位置で公転している。 ...
  • この場合、遠方の大きく傾いた軌道に別の惑星か伴星が存在している必要がある。 ...
  • 惑星を持つ星系に、白色矮星の伴星が発見されたのは、これが初めてである。 ...
  • 後に、伴星が発見されたことで、その理由が明らかになった。 ...
  • 伴星の存在ゆえに、この星系に生命居住可能惑星が存在する可能性は低いと考えられている。 ...
  • また、宇宙の星のいくつかはそれらの伴星としてミラーマターを持つことが期待される。 ...
  • このため両者は、主星と伴星の関係と言うよりは二重小惑星に近い性質を持つ。 ...
  • どちらの恒星も分光連星であり、少なくとも1つの暗い伴星を持っている。
  • 主極小の時、伴星は完全に主星の後に隠れてしまい、それが18ヶ月続く。 ...
  • 伴星は主星から550天文単位の距離にあるものと推測されている。
  • ハーシェルは同時に、眼視では分離できないもう一つの伴星が存在する可能性にも触れている。
  • この研究では惑星が伴星と同じ方向に公転している場合は安定した軌道に留まれないことが示された。
  • 地球から観測して80秒離れた位置に見える11等星は、伴星の可能性があるとされる。 ...
  • 伴星については、はっきりしたことはわかっていない。 ...
  • 伴星の大きさは、円盤に覆われているため更に推定が難しい。 ...
  • この伴星についての詳細はわかっていない。 ...
  • 次へ