伝太郎

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 要次郎の兄の伝太郎はじめ、来春渡道する予定の同志に会うためであった。 ...
  • 話し合いが終ってから伝太郎が近づいてきて言った。 ...
  • たまたま同志社の兄伝太郎のところを訪れた時に志方等の計画をきき賛同した男である。 ...
  • この様な最中、加藤伝太郎と和田永吉が事態の収拾に乗り出す。 ...
  • そのパンフレットはあとでみるとして、ここではさきにまず、静岡市の生い立ちについてちょっとみておくことにすると、さきにみた飯塚伝太郎氏の『静岡市の史話と伝説』にこうある。 ...
  • 堀井一家からは、加藤伝太郎や保土ヶ谷の代貸し・山本信治ら10人が出席した。 ...
  • 明治二十四年五月、志方しかたは同志社の同期生であった丸山伝太郎の弟要次郎とわずか二人で北海道へ渡った。 ...
  • 東京市京橋区銀座に、「稲山銀行」頭取・稲山伝太郎の二男として生まれる。 ...
  • 静岡市の前身が「安倍の市」であったということは、すでに飯塚伝太郎氏の『静岡市の史話と伝説』によってもみているが、ここでさらにまた、同氏のそれにある「賤機山古墳」の項をみるとこう書かれている。 ...
  • 鳥取県気高郡明治村大字松上に農業・坂口伝太郎 かめの3男2女の末子として生まれた。 ...
  • 横山は佐山からの電話連絡の際「至急、稲川角二、佐山、井原は加藤伝太郎の家に帰れ」と指示し、早速佐山は「たちばな家」に張り込んでいた稲川に連絡。 ...
  • 伝太郎をたのんで十一俵買。 ...
  • 明けて二十六年、春には志方の同志、高林庸吉、島津熊三郎、丸山伝太郎も到着し、三カ月後にそれぞれの家族を呼んだ。 ...
  • 古賀 伝太郎は、日本陸軍の軍人。 ...
  • 幼名は伝太郎、善馬。 ...