会話が途切れる

32 の用例 (0.00 秒)
  • 村田の言葉にロドリゲスが小さくうなずいた後、二人の間で会話が途切れた。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • とりあえず、会話が途切れたら、僕も質問をすればいいのだと気づいた。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • つと会話が途切れたテーブルは、それでも暖かな雰囲気に包まれていた。 奈須きのこ『歌月十夜 21 胡蝶の夢』より引用
  • たまに会話が途切れたときなどは、しきりに護堂の体調を気にしていた。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • 二人の会話が途切れそうになるとサタスウェイト氏が助け舟を出した。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • 中込なかごみたちの会話が途切れ、教室中が露骨ろこつに伊里野の次の行動を注視した。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • またもや会話が途切れ、ぼくは額に脂汗をたらーりたらーりと流した。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • 暗がりの中で二人して腕を絡め、階段のすみに座り込み、会話が途切とぎれる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ3! 俺の弁当を見てくれ』より引用
  • ここで、第二のクサリ組が大きな叫び声をあげたので会話が途切れた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(1)』より引用
  • 二人の会話が途切れると、あとはAFNのラジオ放送が引き受けてくれた。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • そこまで言ったところでがやがやとした音が近づき、会話が途切とぎれた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • そこで会話が途切れ、扇風機の回転する音だけがバラック小屋に残された。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • フェリの方は会話が途切とぎれたことを特に気にした様子もない。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス01』より引用
  • 僕の内心の動揺が伝わってしまったのか、そこで会話が途切とぎれた。 古橋秀之『ある日、爆弾が落ちてきて』より引用
  • 健一がそう呟き、また会話が途切とぎれそうになった時、今度は綾が口を開く。 新井輝『ROOM NO.1301 02 同居人は×××ホリック?』より引用
  • 私はどう答えていいか分からず、しばらく会話が途切れた。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 二人の周囲では、笑いと 会話が途切れなく続いている。 岩本隆雄『ミドリノツキ〔上〕』より引用
  • ここでしばらく会話が途切れざるを得なくなる。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • 栄秋たちの会話が途切とぎれたのを見てとり、弾勁は口を開いた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録05 黒い炎の挑戦者』より引用
  • 会話が途切れると、水を含んだ夜風が静寂を運んできた。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 次へ »