休日は終日

15 の用例 (0.00 秒)
  • 営業時間は6時30分 - 20時00分で土休日は終日閉鎖される。
  • 土休日は終日8両編成で運行されている。
  • 土曜・休日は終日1時間あたり12本が運行されている。
  • 港33は、平日は朝の数往復と深夜バス2便のみの運行であるが、土曜・休日は終日運行される。
  • 横浜駅発着は平日は日中から夕方にかけて、土曜・休日は終日運行され、平日の朝と夜のみ桜木町駅発着となる。
  • 買物バスカードの利用可能時間帯は前述の通り、土曜・休日は終日利用できるが、平日については「運賃精算時の時刻が10時から17時までの間」と規定されている。
  • 大阪難波駅 - 奈良駅間の奈良線での運用の場合、平日は概ね10時 - 16時まで、土休日は終日クロスシートで運用されている。
  • 非冷房車であるモ161形は夏期の運行は原則的に行われず、平日朝ラッシュ時の阪堺線系統の1往復のみに限定されており、土曜・休日は終日運行されない。
  • 運行本数は、平日の日中が毎時4本、平日の通勤時間帯には毎時5本、土休日は終日毎時4本が基本となっている。
  • ダイヤは品川自動車営業所時代に上記の経緯で拡充され、2002年のりんかい線全通にもほぼ影響を受けなかったものの、港南支所移管時に大幅減便され、特に土休日は終日毎時1-2本まで減回されている。
  • 運転頻度は都心部の旅客需要を満たすため非常に高くなっており、平日は朝が約2分30秒間隔、日中が約4分間隔、夕方が約3分間隔、土曜・休日は終日約3分間隔で運行されている。
  • 養老線は揖斐川に沿うように走っており、沿線にサイクリングロードが多数存在することもあり、播磨駅 - 大垣駅間および大垣駅 - 揖斐駅間において、土休日は終日、平日は昼間の指定列車でサイクルトレインを実施し、お勧めのサイクリングコースの提供も行っている。
  • たとえばニューアーク-ワシントン間は平日は基本40ドル、ただし19時以降の出発便は27ドル、さらに休日は終日27ドルという運賃などである。
  • 土曜・休日は終日約30分間隔である。
  • 土曜・休日は終日6分間隔である。