伊達公子

61 の用例 (0.00 秒)
  • 伊達公子の刺激で日本女子テニス界が最盛期にあった頃に活躍した選手のひとりである。
  • 「クルム伊達公子」となり、以降芸能活動も含めこの表記で通している。
  • 妹の直子はその後、伊達公子の刺激で日本女子テニス界が最盛期を迎えた時期に活躍した人である。
  • 谷亮子や伊達公子のような結婚後もプロとして第一線で活躍するスポーツ選手を理想としており、結婚するまでに永久シード権を獲得することを目標としている。
  • 先輩の伊達公子が引退した後、日本テニス界全体は杉山ひとりの活躍に頼りきりの状態が長期間続いていた。
  • シングルスでのベスト4は中国では史上初、アジア全体でも伊達公子以来史上2人目だった。
  • 宮内は1996年に伊達公子、同期の神尾米が引退した後も国内の第一線で活動を続けた。
  • 現役最後の年、彼女は全豪オープンのシングルス2回戦で伊達公子に敗れたことがある。
  • 局アナ時代から伊達公子と親交があり、結婚・産休を経て現在は伊達のマネージャーとして活動している。
  • 早くから日本が大好きで、同じ1970年9月生まれの伊達公子と親友になった。
  • 杉山愛や伊達公子も所属した荏原SSCに通うため週末に夜行バスで神奈川県まで練習に行っている。
  • 伊達公子と同学年の選手で、身近なライバルとしての伊達とともに成長し、日本女子テニスの黄金期を築いた名選手のひとりである。
  • この年は女子国別対抗戦・フェドカップのワールドグループ1回戦で東京・有明コロシアムを訪れ、伊達公子を失って弱体化した日本チームに勝ち、フランス・チームを初優勝に導いた。
  • テニス仲間たちに対する気配りの良さでも知られ、1996年11月に行われた女子ツアー年間最終戦チェイス選手権の会場で開かれた伊達公子のための「引退式典」はシュライバーが司会を務めた。
  • やがて井上悦子、雉子牟田明子などが世界女子テニスツアーに挑戦を始め、日本最大の女子テニス選手となった伊達公子の時代にピークを迎えた。
  • この結果、翌週の世界ランキングで3位となり、クルム伊達公子と共に記録していたアジア人のWTAランキング最高位を更新した。
  • 高校では伊達公子と同じ小浦武志コーチに指導を受け、「伊達2世」と呼ばれる。
  • 第4シードで出場した4月第3週のジャパン・オープンシングルスでは第1シードの伊達公子との準決勝まで進出した他、伊達と組んで主催者推薦で出場したダブルスでも優勝する好成績を残した。
  • シェットは1994年の全豪オープンで4大大会にデビューし、同年の全仏オープンから本戦に直接出場したが、この年は唯一の出場となった「ジャパン・オープン」の準々決勝で第1シードの伊達公子に敗れたことがある。
  • 同大会のシングルスでは、マグラスは2回戦で第10シードの伊達公子に敗れている。
  • 次へ »

伊達公子 の使われ方