伊藤大輔

181 の用例 (0.01 秒)
  • 同作は、俳優学校出身の伊藤大輔が執筆した初めての脚本であった。
  • 本作は、林和の剣豪小説を原作に、伊藤大輔が脚色・監督したものである。
  • かくて我々数人の所有にすぎなかつた伊藤大輔という名まえはその夜から世間の有に帰した。 伊丹万作『私の活動写真傍観史』より引用
  • また、映画監督の伊藤大輔らと雑誌「時代映画」を編集・発行した。
  • しかし、伊藤大輔の丹下左膳は、いくら探しても残っていないようだ。 色川武大『なつかしい芸人たち』より引用
  • 映画の脚本を担当した伊藤大輔の脚色により、五味の原作とはかなりの違いがある。
  • 父親との縁から伊藤大輔監督に可愛がられ、弓恵子の芸名をつけてもらう。
  • 伊藤大輔はその中で最も寵愛された一人で、ほとんど毎週その名を見ぬことはなかったほどだった。
  • 京都の映画界に入り、伊藤大輔監督の門下となり助監督を務める。
  • 伊藤大輔の『斬人斬馬劔』でデビュー、同監督の作品に多く出演した。
  • 「時代劇」という用語は活動写真が発祥であり、名付け親は伊藤大輔である。
  • 伊藤大輔は大河内の立ち回りについて次のように語っている。
  • 満26歳になる同年6月、映画監督の伊藤大輔と結婚した。
  • 当初は伊藤大輔が監督する予定であったが、企画から製作実現までに6年がかりとなり、企画が実現したときには伊藤が退社した後であった。
  • その後、映画の世界に入り、加藤泰、伊藤大輔の助監督を体験して師事する。
  • 黒田は『大魔神』の企画を見て、まず師匠の伊藤大輔のところへ相談に行ったという。
  • 女優引退後は、伊藤大輔夫人として知られる。
  • 伊藤大輔によると、日活の幹部クラスは皆揃いの裃を着て、まるで時代祭を想わせたという。
  • 私などは、無性にその以前の伊藤大輔いとうだいすけ監督の丹下左膳がなつかしい。 色川武大『なつかしい芸人たち』より引用
  • 大映京都撮影所の助監督部に入社し、少年時代映画のとりことなるきっかけを作った伊藤大輔監督作品につくこととなる。
  • 次へ »

伊藤大輔 の使われ方