伊藤博文

1,061 の用例 (0.02 秒)
  • 初代の内閣総理大臣には伊藤博文が就任し、第1次伊藤内閣が作られた。
  • さらに伊藤博文を暗殺したテロリスト安重根の名を潜水艦に命名している。
  • 金子とは杉山と同じ福岡出身の政治家で、伊藤博文とも親しい人である。 星新一『明治・父・アメリカ』より引用
  • これに対し、伊藤博文は政府として正式な弁明をすることを決定した。
  • 伊藤博文は三十歳、三十代が大半の若い政府首脳のなかでも最年少だ。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • 意を受けた井上は伊藤博文と相談のうえ実現に向けて動き出した。
  • 勝たせてやったのが伊藤博文であることは、さきに書いたとおりだ。 小堺昭三『男の切れ味(中)』より引用
  • 茂丸は青年時代に伊藤博文を暗殺しようとして失敗し、福岡に戻った人である。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 当時の伊藤博文には重鎮たる岩倉具視に対抗するだけの政治力がなかった。
  • 大審院判事時代に伊藤博文の憲法調査に同行してドイツなどを視察する。
  • 参事院は伊藤博文が国会開設の準備のために設置した機関であった。
  • 問題は、この第二八条について、制定者の伊藤博文が解説を加えている点にある。 阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』より引用
  • この帝国憲法制定の中心となったのは伊藤博文であった。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 伊藤博文が井上の才能を高く評価し支援したといわれる。
  • 伊藤博文が欧州に派遣されたあとを一時的に襲ったのである。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • その直前の四月十日に、政府の最高実力者である伊藤博文が長野市にやって来た。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 当初は桂小五郎の深い馴染みであったが、のちに伊藤博文の愛妾となる。
  • 初代の内閣総理大臣には、長州藩出身で参議であった伊藤博文が就任した。
  • 同年に中国を訪問した日本の元首相伊藤博文と会見している。
  • ハルビン駅は伊藤博文の暗殺された場所だが、拡張工事でその跡ははっきりしない。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • 次へ »