伊江御殿墓

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 墓本体は幅約12m、奥行き約23mと伊江御殿墓より大型化している。 ...
  • 墓室正面左右に展開する袖石は、伊江御殿墓より1段増えて、各3段からなる。 ...
  • 現存する最古の墓は護佐丸の墓や伊江御殿墓が知られている。 ...
  • 造墓年の古い亀甲墓としては護佐丸の墓も知られているが、文献によっては伊江御殿墓を最古としている。 ...
  • 伊江御殿墓は沖縄戦で一部破壊されたが、戦後修復された。 ...
  • 伊江御殿墓が1999年、国の重要文化財に指定されるなど、沖縄独自の墓様式として伝統的な亀甲墓の歴史的・文化的価値が近年見直されている。 ...
  • これは伊江御殿墓や宜野湾御殿の墓といった初期の亀甲墓の緩やかな反りのマユとは対照的である。 ...
  • 羽地朝秀の墓は、玉城朝薫の墓同様、亀甲墓の祖型をなす墓様式と位置づけられているが、改修年は護佐丸の墓や伊江御殿墓より以前であったのか、正確には分かっていない。 ...
  • 伊江御殿墓は、亡命中国人のタイロウこと曾得魯が風水を見て設計したと言われている。 ...
  • 宜野湾御殿の墓は、伊江御殿墓より約50年後に建造された亀甲墓であるが、墓室正面屋根のマユのそりは緩やかで、やはり初期の亀甲墓の特徴を残している。 ...
  • 最古のものは護佐丸の墓や伊江御殿墓など。 ...
  • 伊江御殿墓は、沖縄県那覇市首里石嶺町にある、琉球王族・伊江御殿の歴代墓である。 ...
  • thumb|琉球王族・伊江御殿の伊江御殿墓|墓は風水に基づいて建設された 風水では都市や住居を「陽宅」、墳墓を「陰宅」と呼んで区別している。 ...
  • 首里石嶺にある伊江御殿墓は、県内最古の亀甲墓の一つとして、1999年12月1日に国の重要文化財に指定されている。 ...
  • thumb|left|伊江御殿墓 17世紀後半になると、亀甲墓が沖縄で造られるようになる。 ...