伊吹大作

15 の用例 (0.00 秒)
  • 伊吹大作は、すこしずつ何かがわかりかけてきたように、眼をきらめかせて、横を向いているのだ。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • という声に、忠相がふり向くと与吉を追っていった伊吹大作である。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 砂にすわって待っていると、奉行の忠相ただすけは、伊吹大作いぶきだいさくその他をしたがえて、すぐ出て来て座についた。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • 用人の伊吹大作がついてきていたのだ。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 木場の甚も、そばで黙ってきいてきた伊吹大作も、いつのまにか平伏しているのだ。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • すこし離れてお供をする用人伊吹大作は、ともすれば主君の影が雑踏にのまれようとするので、気が気でない。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 二人の笑いに伊吹大作も加わつて、そこへ、そよ風が吹いてきて、青葉のゆらぎがゆらゆらと部屋中にうごいた。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • ひとりは、手附てつけの用人伊吹大作の弟で錦也きんやであった。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • きょうは文字どおりの忍びだから、手付きの用人伊吹大作いぶきだいさくただ一人を召しつれて、さっさとかどをまがってしまった。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • と忠相は、手をうって用人の伊吹大作を呼びよせた。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 伊吹大作が、あわててつづいた。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • 重内も作三郎も、弱りぬいたあげく、用人部屋へ引っぱってきて、伊吹大作にまでそのむねを通じたというわけ。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 用人の伊吹大作が唐紙に呑まれて、やがて跫音の遠ざかるのを待っていた忠相は、あかりを手に、つとたちあがって縁に出ると、庭のくらがりを眼探まさぐって忍びやかに呼びかけた。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 伊吹大作の声だ。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • と、忠相が聞き耳を立てたとき、用人の伊吹大作が、ことごとく恐縮して敷居ぎわにかしこまった。 林不忘『丹下左膳』より引用

伊吹大作 の使われ方