任務に就く

328 の用例 (0.01 秒)
  • 自覚はしていないだろうが通常とは異なる特殊とくしゅ任務にいているわけだ。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(前)』より引用
  • 第一次大戦の終結時点で306門の本砲が世界各地で任務に就いていた。
  • 第二次世界大戦時には旧式化していたが、爆撃任務に就いた機体もあった。
  • 特別幹部候補生として岩沼陸軍航空隊で戦闘機の整備の任務に就いた。
  • 過酷な任務に就くため、AVFには以下のような基本性能が要求された。
  • 性格のため周囲とうまく合わせる事ができず、何回か地方の任務に就いた。
  • その後は一旦本土で補給と整備を受けた後に戦場に向かい輸送任務に就く。
  • その北部に建設された国立公園で、当時、猟区管理官の任務に就いていた。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 偵察機型のマンドレークは1970年代末まで様々な任務に就いていた。
  • 任務に就く士官候補生の少年や青年は、将来の士官となるために鍛錬された。
  • 国家的大事件に発展する可能性があるとの事で渋々任務に就いた。
  • 何隻かの軍艦で任務に就いた後、フランス沖の艦隊で初めて指揮を執った。
  • その為、主として船団護衛や陸上への艦砲射撃などの第二線任務に就いた。
  • さらに仕事上任務に就くために必要な条件として公にみとめられる能力を指す。
  • 第一次世界大戦後、多数が北アフリカに送られ、警備任務に就いた。
  • マロリーはポンチャートレイン湖で任務に就く民間船2隻を購入できた。
  • その後第33護衛部隊の一部として太平洋向けの船団護衛任務に就く。
  • これらの部隊はトゥアプセへの進入路に陣地を構え、防衛任務に就いた。
  • その後グロスターはアフリカ西岸においてドイツ艦の探索任務に就いた。
  • イスカンダルへの航海後は古代と輸送船の護衛の任務に就いていた。
  • 次へ »