仲良し

全て 名詞
905 の用例 (0.02 秒)
  • 私たちの仲良しグループは、それから間もなく自然に解散してしまった。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 男たちも女と同じように仲良しグループが形成されていくのが不思議だった。 長嶋有『パラレル』より引用
  • こんな風にしていると、わたしたちは生まれたての仲良しの卵みたいだ。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • 短大時代は仲良しグループがあっただけで緊張とも興奮とも無縁だった。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 死体ではなく宇宙人を求めて歩き出しそうな仲良しグループである。 入間人間『電波女と青春男 第03巻』より引用
  • 世界中の人々が皆仲良しでいられるようにとのコンセプトで作られた。
  • 彼女も仲良しの一人で、今はB市で洋品店を営んでいると教えてくれた。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • それに、おれはあの青蛇団と留置場の中ですっかり仲良しになったんだよ。 織田作之助『夜光虫』より引用
  • それが縁で仲良しになり、2人は中学3年間を通じて同じクラスだった。
  • お互い意識していたわけではなかったが、ずっと仲良しでいつもそばにいた。
  • いっしょに大きくなるうちに、子供の仲良しの気持が愛に変わったのである。 ハドスン/水嶋正路訳『ある羊飼いの一生』より引用
  • その日、幼稚園から帰宅して、近所の仲良しの少年の家に遊びに行った。 森村誠一『ホーム アウェイ』より引用
  • と思い出していたところ、仲良しのクミさんから電話がかかってきた。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • 仲良しもなにも、わたしたちは幼稚園のときからのくされ縁じゃないか。 西野かつみ『かのこん 第04巻 ~オトメたちのヒミツ~』より引用
  • 信仰心しんこうしんうす素人しろうとが考えても、魔族と神様が仲良しだとはとても思えない。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • 仲良しが三組くらい集まってヨットをチャーターするのも楽しいだろう。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 傍目はためにも二人は年齢ねんれい垣根かきねえ、すっかり仲良しになったように見えた。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • レイフォンと仲良しだなんて言って彼女の気を引こうとした自分にだ。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス11 インパクト・ガールズ』より引用
  • 国と国との仲良しなんて、ちつともあてにならないのですつて。 郷静子『れくいえむ』より引用
  • 私はこれまで仲良しの運転手、タムの車でずいぶんデルタ地方を旅行した。 近藤紘一『サイゴンのいちばん長い日』より引用
  • 次へ »