仲良く

全て 副詞 形容詞
2,950 の用例 (0.02 秒)
  • そして夕方になると二匹が仲良く帰ってくるのが習慣になったのだった。 群ようこ『ネコの住所録』より引用
  • 俺らが知る限り、ここの教会と長いこと仲良くしていたのはただ一人だ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 一方で二人には、仲良くすることに抵抗を感じているような面もあった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第06巻』より引用
  • この猫と仲良くなるまで、自分はここにいなければならないのだろうか? 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • 今度のは一対ではなく、四体が仲良く頭を並べて道をふさいでいるのだ。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • それとも、彼女とは何処かで別れて、別の誰かと仲良くなっていたのか。 片山憲太郎『紅 第03巻 ~醜悪祭~ (上)』より引用
  • もう何かわかりませんけど、皆仲良くできるならなんだっていいですよ! 沖田雅『先輩とぼく 02』より引用
  • 故郷の奥さんや娘さんと仲良く暮らしているといいな、と、忠介は思う。 古橋秀之『タツモリ家の食卓4(仮)』より引用
  • ま、蛍子ったら私の知らないところでああいう子と仲良くしてたわけね? 新井輝『ROOM NO.1301 02 同居人は×××ホリック?』より引用
  • 五年生の秋穂と三年生の光太は、仲良くテレビを見ているところだった。 東野圭吾『予知夢』より引用
  • 黒人の子どもたちと韓国系の子どもたちとが店の前で仲良く遊んでいる。 呉善花『新 スカートの風』より引用
  • 彼女はマイクのことをずっと人間だと信じ、かれと仲良くなっていった。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • 生きていなければ親子三人仲良く自殺した、なんて電話はかけられない。 奈須きのこ『DDD JtheE』より引用
  • 歳は蒼くんのほうが一つ上で、二人は実の兄妹のように仲良く育ったわ。 野村美月『文学少女シリーズ02 “文学少女”と飢え渇く幽霊』より引用
  • こいつらは当然けんかをしなくてはならないのに仲良く暮し合っている。 トルストイ・レオ『イワンの馬鹿』より引用
  • みんなと仲良くなりたいのなら、もっと手を抜けば良かっただけなのに。 奈須きのこ『DDD HandS』より引用
  • それは最初にふたりが仲良くなった頃の積極的な感情と同じだった。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • 同じ制服を着ているのだから、表面だけでも仲良くえばいいのに。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • 今ごろ、例の彼氏と仲良くやっているのか、あるいは喧嘩けんかしているのか。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • 「やつはみんなと仲良くしたいだけなんだ」とおしゃべりの男が言った。 ヘミングウェー/高村勝治訳『勝者には何もやるな/ヘミングウェー短編集3』より引用
  • 次へ »

仲良く で始まる単語