仮令この

5 の用例 (0.00 秒)
  • さすれば仮令たとへこのままするともすこしものこりはございませぬ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 63 20080623』より引用
  • 仮令たとえこの室から出たにしても、あの創紋を彫るなどとはとんでもない妄想さ。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • しかし、一言御注意しておきますが、仮令たとえこの事件の動機が、館の遺産にあるにしてもですよ、御自分の防衛ということには、充分御注意なさった方がいいと思います。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • 仮令たとえこの兄の得意の時代はまだ廻って来ないまでも勃々ぼつぼつとした雄心はおさえきれないという風で、快く留守中のことを引受けたばかりでなく、外国の旅にはひどく賛成の意を表してくれた。 島崎藤村『新生』より引用
  • また仮令たとえこの陰謀を企もうと、何びとがそれについての墨付などをやすやすと書こうか。 山田風太郎『忍びの卍(まんじ)』より引用