以止

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 凡太は隣室の唐紙に凭れて息を凝しながら形勢を展望してゐたが、刑事の言葉には裏にも毒がないやうに思はれたので、ほつと安心はしたものの実のところは気抜けがして、虻の羽音のやうな話声をもはやそれ以止注意して聴こうともしなかつた。
  • 奈穂の証言と、四十秒以止食い違う。