以外に何等

12 の用例 (0.00 秒)
  • 医者は喘息の発作だと言い、実際それ以外に何等の徴候とてはなかったのである。 室生犀星『童子』より引用
  • かようにどこまでも分解を進めてゆくならば、条件以外に何等か人間そのものを発見することは不可能であるように思われる。 三木清『人生論ノート』より引用
  • 又かの不離不即の機制の如きも自然の眞營と稱する以外に何等説明を試みない。 狩野亨吉『安藤昌益』より引用
  • 氏の思想態度は極めて「唯物論的」である、と云うのは氏は実証的な常識以外に何等の哲学をも認めないのである。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • そうして嬢次少年の仕事を手伝うこと以外に何等の緊張も、危険も感じないまま双眼鏡をひねくりまわしているに過ぎなかった。 夢野久作『暗黒公使』より引用
  • しかしかう云ふ事件を個々の事件として眺めただけでは何時迄も苦々しい事件といふ以外に何等の意味を發見することが出來ないのである。 狩野亨吉『安藤昌益』より引用
  • かやうにどこまでも分解を進めてゆくならば、條件以外に何等か人間そのものを發見することは不可能であるやうに思はれる。 三木清『人生論ノート』より引用
  • 彼女は、権力階級からは何等の慈悲をも期待する事が出来ず、ロシアのザリズムとアメリカの資本家政治との間には名義以外に何等の差異もない事を是認した。 伊藤野枝『乞食の名誉』より引用
  • それから順々に白紙の上に現われて来た極彩色の密画を、ただ、真に迫っているという以外に何等の誇張も加えないで説明すると、それは右を頭にして、両手を左右に伏せて並べて、ななめにこっち向きに寝かされた死美人の全長一尺二三寸と思われる裸体像で、周囲が白紙になっているために空間に浮いているように見える。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 「戦旗」五月号に掲載されてゐる川口浩氏の「平林初之輔氏の所論その他」は、以上に私が述べた問題以外に何等重要な新しい問題を提起してゐないのだから、特別こゝに論評する必要はないのだが、たゞこの論文が、ナツプの機関紙に掲載されてをるといふ重要さのために一言しておく。 平林初之輔『諸家の芸術価値理論の批判』より引用
  • ただ先刻さっき多々良君が吾輩を目して休養以外に何等の能もない贅物ぜいぶつのごとくにののしったのは少々気掛りである。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • とかく物象ぶっしょうにのみ使役せらるる俗人は、五感の刺激以外に何等の活動もないので、他を評価するのでも形骸以外にわたらんのは厄介である。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用