代目古今亭

20 の用例 (0.00 秒)
  • また、5代目古今亭志ん生の最初の師匠として歴史に名を残している。
  • だから馬風は昭和四十八年に死んだ名人五代目古今亭志ん生のおとうと弟子にあたるわけだ。 矢野誠一『さらば、愛しき藝人たち』より引用
  • 前の二本が五代目古今亭志ん馬で、残りの四本は七代目金原亭馬生の名になっている。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • ある女性が、文楽と4代目古今亭志ん生の両方と男女関係にあった。
  • また、かつて共に一朝に教えを受けた5代目古今亭今輔は喧嘩友達だった。
  • 一説には5代目古今亭志ん生が名乗った名前のひとつだと言われる。
  • 主な演者には、六代目三遊亭圓生や五代目古今亭志ん生などがいる。
  • 六代目三遊亭圓生、五代目古今亭志ん生も小せんから教えてもらっている。
  • 甚五郎時代の5代目古今亭志ん生など、貧乏な噺家たちの面倒をみた。
  • 他の主な演者に10代目金原亭馬生、3代目古今亭志ん朝らが知られる。
  • 今輔の元師匠4代目古今亭今輔の妻つねと、彦六の妻マキは姉妹である。
  • 子供の時の1883年、4年頃に2代目古今亭志ん生の門に入り志ん丸を名乗った。
  • また五代目古今亭志ん生の叙勲記念の時に祝賀会も行われるなど、落語界との交流も深い。
  • この噺を得意にし、自身も好きだった五代目古今亭志ん生も、そのような心境で演じていたにちがいない。 麻生芳伸編『落語特選(上)』より引用
  • また5代目古今亭今輔も新作派と目されていたが、レベルの高い人情噺を演じていた。
  • 主な演者として、東京の5代目古今亭志ん生や6代目三遊亭圓生などがいる。
  • 主な演者は五代目古今亭志ん生、三代目三遊亭金馬である。
  • この2人馬生時代は、6代目馬生が4代目古今亭志ん生を襲名するまで続いた。
  • 東京では5代目古今亭志ん生が得意とした。
  • 後に5代目古今亭志ん生が三遊亭朝太を前座名とした。