代打逆転サヨナラ満塁本塁打

17 の例文 (0.00 秒)
  • には監督としての仕事を優先してレギュラーを譲ると、日本球界2人目の代打逆転サヨナラ満塁本塁打の快挙を達成した。 ...
  • 伝統的な服装を好み、ユニフォームのズボンの下は褌一丁で、代打逆転サヨナラ満塁本塁打を打った際も、褌を着用していた。 ...
  • 大阪局勤務時代の2001年9月26日にはBS1で放送された近鉄対オリックス戦での代打逆転サヨナラ満塁本塁打で近鉄のリーグ優勝を決めた実況を務めた。 ...
  • 広野はその後この時の対戦相手の巨人に移籍しているが、1971年5月20日の対ヤクルトアトムズ戦においても、日本プロ野球史上3人目の代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録している。
  • その後、日本プロ野球では樋笠を含めて8例の「代打逆転サヨナラ満塁本塁打」を記録している。 ...
  • 最終戦となった10月22日の対横浜戦では、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で18勝目をあげ吉見一起とともに、巨人の左腕投手としては1969年の高橋一三以来42年ぶりとなる最多勝を獲得。 ...
  • 優勝決定に限定せず、「釣銭無しの代打逆転サヨナラ満塁本塁打」としても45年ぶり2人目。 ...
  • その後は代打での出場が主となるが、3月には中日ドラゴンズの杉下茂から日本プロ野球史上初の代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、さらに4月には大阪タイガースの小山正明からシーズン2本目となる代打サヨナラ本塁打を打っている。 ...
  • は9月30日の対ロッテ戦で、小林雅英からパ・リーグ新記録となる通算14本目の満塁本塁打、且つ日本プロ野球史上唯一の二死・3点差からの代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放つなど、出場は88試合ながらチームの日本人トップとなる15本塁打を放っている。 ...
  • しかし5月20日の巨人戦では広野功に9回裏、代打逆転サヨナラ満塁本塁打を浴び敗戦投手となる。
  • この間の1956年6月24日の阪神戦では藤村富美男に代打逆転サヨナラ満塁本塁打を浴び、翌1957年7月24日の広島市民球場のこけら落としの試合に先発登板している。 ...
  • 「杉下は必ず直球で勝負する」と読んでいた樋笠は、第3球目の内角高めのストレートを左中間スタンドへ、日本プロ野球史上初となる「代打逆転サヨナラ満塁本塁打」を放った。 ...
  • 同年10月22日の巨人戦にて、長野久義に日本プロ野球史上8人目の代打逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びた。 ...
  • 日本プロ野球における『代打逆転サヨナラ満塁本塁打』は2019年シーズン終了までに8例存在する。 ...
  • そして9月26日のオリックス戦で守護神・大久保勝信から代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、チーム12年ぶりのリーグ優勝を決めた。 ...
  • 「代打逆転サヨナラ満塁本塁打」としては6人目、近鉄では1984年の柳原隆弘以来2人目。 ...