付きゃ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 血の付いた手は以前の女の手とは違ったもののように私には思えました。 ...
  • 一体自分は何を調べているのか、それも確かな見当は付いていなかった。 ...
  • 物に名前が付くとそこに境界が生まれ初めて一つの物として認識される。 ...
  • それというのはどうして手をつけてよいか見当が付かなかったのである。 ...
  • そうして再びはさみがそこに迫って来るまではそこで落ち付いているらしい。 ...
  • 蛇はとうとう客の足から身体にまき付いて、頭の上にまで登って行った。 ...
  • それなら怒って帰ったことも、女が何もなかったと言うのも説明が付く。 ...
  • シャトル機のエンジンは何処といって目に付く程の改造はされていない。 ...
  • 時間内に決着が付かなかった場合はポイント数の多い選手が勝利となる。 ...
  • 気が付くと手にした煙草はもとのままで、少しも灰が伸びていなかった。 ...
  • 娘は馬鹿にせられたのに気が付いて頬の上に大きい真つ赤なぶちが出来た。 ...
  • 息を吹き返して気が付いたときに、自分は見る影もない姿に壊れていた。 ...
  • 奥さんは年を取っているだけに、私よりもずっと落ち付いていました。 ...
  • けれども山の間にそういう具合にぐるっと一廻り出来る道が付いて居る。 ...
  • 例えば、鎧通しを握っていたことに、有利な説明が付いたとしてもだよ。 ...
  • ガラス窓にも、その向うの部屋の存在にも、気が付かなかったのである。 ...
  • 俺は落ち付いた調子で多分東京へやってくるつもりなのでしょうといった。 ...