他動詞の目的語

28 の例文 (0.00 秒)
  • 下の例のように、他動詞の目的語は削除することができない。 ...
  • 多くの言語では、他動詞の目的語を再帰代名詞に変えることで再帰動詞が作られる。 ...
  • 一方、能格言語では、自動詞の主語と他動詞の目的語が同じ格で表示される。 ...
  • 英語ではいわゆる第V文型により、他動詞の目的語に結果として生じた状態を形容詞句からなる目的格補語で表す。 ...
  • いっぽうで、自動詞の主語と他動詞の目的語が同じように扱われ、他動詞の主語だけが別の扱いを受けるという性質をもつ言語は能格言語と呼ばれる。 ...
  • ジルバル語は主要な統語的操作において自動詞の主語と他動詞の目的語を同じように扱う珍しい例である。 ...
  • 例えば自動詞は、その主語が一般的な他動詞の主語に似た振る舞いを示すものと、一般的な他動詞の目的語に似た振る舞いを示すものに分けられるが、前者の主語は外項で後者の主語は内項であると考えれば、振る舞いの違いを説明できる。 ...
  • というふうに自動詞・他動詞両方に用いるが、これらは他動詞の目的語を省略して自動詞にしただけであって、ふつう能格動詞とは言わない。
  • ハイダ語は活格言語と考えられ、自動詞では種類により主語が他動詞の目的語と同じ格を取る場合も多い。 ...
  • その形態統語的アラインメントは能格型であり、自動詞の項を他動詞の目的語のように扱うのに対して、他動詞の動作主を区別して扱う。 ...
  • しかし活動を表す自動詞は常に名詞化して軽い他動詞の目的語とし、主語はその軽い他動詞に加えられたA型の人称接辞で表す。 ...
  • 例: のように、本来は他動詞の目的語である語句を主語とし、目的語がない代わりに副詞または主格補語を入れた構文であり、動詞としてはその行為によって被動作物に直接的な変化が及ぶものを用いる。 ...
  • 自動詞の主語、他動詞の主語、他動詞の目的語でそれぞれ違う形式を用いるという、人間言語ではまれなシステムをもつ。 ...
  • ミヘー語は抱合語であり、能格-絶対格言語といって自動詞の主語と他動詞の目的語の格変化が同じ形になる言語である。 ...
  • 他動詞の目的語を表す格と、自動詞の主語を表す格が同じ指標で表され、他動詞の主語は処格が使用されるのである。 ...
  • 能格的な格組織とは、自動詞の主語と他動詞の目的語が同じ格で標示され、他動詞の主語だけが別の格で標示される格組織である。 ...
  • まず絶対格は叙述名詞や自動詞、他動詞の主語、また他動詞の目的語を表す。 ...
  • 次へ