仕向ける

全て 動詞
286 の用例 (0.00 秒)
  • お花が取持ち顔に何かいろいろの話を仕向けると、男も軽い口で受けた。 岡本綺堂『両国の秋』より引用
  • 愛情を感じさせるように仕向けるのが男のつとめだと思ったわけです。 モーム/篠原慎訳『諜報員アシェンデン』より引用
  • それはそうなのだが、三七子のほうにそう仕向けるようなところがあった。 阿刀田高『響灘 そして十二の短篇』より引用
  • あとは彼が怒ってひと思いに彼女を殺すように仕向けるしかない。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『04 にせ札偽造団』より引用
  • こちらではその方に向かい、敵はそこが背後になるように仕向ける。 孫武『孫子兵法』より引用
  • 次に、現代日本の青年にはもつと自信をもたせるやうに仕向けるべきです。 岸田国士『勤労と文化』より引用
  • でも、自分から書斎を出てくるように仕向けることはできるかもって。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • こちらではそこから遠ざかって、敵にはそこに近づくように仕向ける。 孫武『孫子兵法』より引用
  • だから、そのことをどういう方法でか亭主にしられるように仕向ける。 横溝正史『悪魔の降誕祭 他二篇』より引用
  • 店のためにならない客には、高い請求書を出して遠ざかるように仕向ける。 阿部牧郎『誘惑街の女たち』より引用
  • 両教徒の勢力が協力しあうように仕向けるのは、実に困難なことです。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • それとなく相手に金を使わせるよう仕向けるには、その方法が一番でしょう。 筒井康隆『富豪刑事』より引用
  • 子どもを口実に、少しずつ全ての事をやらせるように仕向けるのだ。 内田春菊『息子の唇』より引用
  • 人間が善をなすように仕向けるものは、社会其の他による外部的強制ではない。 戸坂潤『道徳の観念』より引用
  • 女のほうから自分にアプローチをさせるように、仕向けるのである。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • ただ少し年輩の借り手となると、思い出したように仕向ける問いがある。 城山三郎『忘れ得ぬ翼』より引用
  • ヤツの裏を読んで、逆にメイド服を着させるよう仕向けるのが得策だろう。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • 敵を集中させるよう仕向けるよりも、敵を分散させるよう仕向けるのがよい。
  • それを何とか倉持が一人でいる時に食べるよう仕向けるのだ。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • しかし、男にプロポーズさせるように仕向けることは、できるわけだ。 森瑤子『恋愛論』より引用
  • 次へ »