仕入れ

全て 動詞 名詞
2,440 の用例 (0.02 秒)
  • 今日は仕入れをしたばかりだから、それでもこれだけ置いてあるんです。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 今は何品を仕入れていずれの時いずれのところに売り捌くつもりなるや。 福沢諭吉『学問のすすめ』より引用
  • 彼は一体、このような悪魔の感情を、どこから仕入れて来たのであろう。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • それをうまく仕入れて江戸に持ってゆくのがほんとうの商売だという。 山田風太郎『忍法鞘飛脚』より引用
  • 蒟蒻こんにやく仕入しいれてときはそんなこんなでひまをとつて何時いつになくおそかつた。 長塚節『土』より引用
  • 仕入れの安価は僕の腕なんだから、それを売るのが君らの腕ぢやないか。 坂口安吾『金銭無情』より引用
  • ふたりしての親がやっている小料理屋の仕入れのための小魚釣りでした。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • だってキロ三百円で仕入れた魚が三百五十円で売れていくわけだから。 橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』より引用
  • どこから仕入れたか知らねえが、現役軍人の記憶とか抜いてきてたな。 藤咲淳一『攻殻機動隊 虚無回廊』より引用
  • 花売りの女が市場からやってきて、その日に仕入れた花をならべていた。 ヘミングウェー/高村勝治訳『日はまた昇る』より引用
  • 調べてわかったことだが、今月サトルは高級な酒を大量に仕入れていた。 阿部牧郎『危険な秋』より引用
  • 神精しんせいという存在についての知識は、すでにある程度以上は仕入れている。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 08』より引用
  • この前、仕入れの旅に出たまま、一か月も連絡がなかった時もそうだった。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • 安い物を仕入れなくては運送費が高く掛るからとてもしてみようがない。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 水道料は闇の仕入れぢやないから、目の玉の飛びでることはねえだらう。 坂口安吾『金銭無情』より引用
  • 瀬谷の妻は仕方なく自分の費用で町の店から野菜や肉を仕入れてきた。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • 煮しめの材料が切れたので、鵜ノ瀬はいつもの場所へ仕入れに出かけた。 杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 父は健在だったが、肉の仕入れがうまくゆかず、店は閉じたままだった。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 桃世がどこからその情報を仕入れたのか、聞かなくても分かっている。 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』より引用
  • 上級生の知り合いや兄弟などから情報を仕入れてきた人たちがいたんだ。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • 次へ »

仕入れ で始まる単語