仕事に手を染め

16 の用例 (0.00 秒)
  • だがヴァンも私もまだ老年とはいえない時期にこの仕事に手を染めたのである。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • 廊下を右往左往する生徒たちは、誰もがなんらかの仕事に手を染めている。 松岡圭祐『千里眼の教室』より引用
  • これ以上こんな仕事に手を染めたら、神さまの火が私を焼いてしまうがいい! ドーデ/大久保和郎訳『風車小屋だより』より引用
  • もちろんなかには掟を破って非合法な仕事に手を染めたクラッシャーもいた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ03 銀河系最後の秘宝』より引用
  • 主に暗殺などの闇仕事に手を染めている。
  • 浅井はほかにも、いろいろの仕事に手を染めはじめていた。 徳田秋声『爛』より引用
  • ダルシュの命令で危険な任務にいたことや、きたない仕事に手を染めたことも何度もある。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 今、多少なりとも貯金があるのも、あのあくどい仕事に手を染めてたからだ。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 私をてて、きたない仕事に手を染めていたわけ? 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 考えようによっては彼が嫌っていた詐欺さぎまがいの仕事よりさらに汚い仕事に手を染めていた可能性がある。 五條瑛『冬に来た依頼人』より引用
  • 美貌びぼうのこの一対が土地の社交界の羨望せんぼうの的であっただけに、葉子のような妻を満足させようとすれば、派手な彼としては勢い危険な仕事に手を染めなければならなかったし、どんな生活の破綻はたんが目の前に押し迫っている場合でも、彼女の夢を揺するようなことはできないのであった。 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • 非合法な仕事に手を染めたクラッシャーは、クラッシャーの資格を剥奪はくだつされ、追放される。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • フーテン安は予備牌は四種類というが、仕事ごとに手を染めたキャバレーとすれば、同じメーカーの同じ種類の牌を一度にたくさん買いこんで、形と大きさが同じ予備牌を彫りに廻したものを何十枚持っていて不思議はない。 阿佐田哲也『新麻雀放浪記』より引用
  • 明治七年には内務省に移って、内藤新宿農務試験場に腰を落ちつけ、関東地方の農業振興の仕事に手を染めたんだ。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 大ヒットを出そうと苦闘する一方で、キャロリンは裏方のソングライターの仕事に手を染め、特に姉アレサのために作品を提供するようになった。
  • 実際、サルマティア民族が理智の仕事に手を染め、ゲルマニア民族が音楽や哲学を研究し、カードやマルコマン民族が不滅の神々を礼拝するなどと、どうして信ぜられよう? フランス/岡野馨訳『舞姫タイス』より引用