仕事に埋没

7 の用例 (0.00 秒)
  • 僕は新型カメラの研究に追われ、会社の仕事に埋没に近い状態だった。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 目の前の仕事に埋没してしまうことは一種の逃避だった。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • 書斎に行ってドアを閉め、しばらくの間仕事に埋没したい衝動にかられた。 パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • 自分が仕事に埋没するたびに、彼に与えていたであろう、邪推の苦しみ、いくら言葉をつくして説明しても、彼の心から取り除けなかった自分への不信感を、今はじめてこういう形で返すことができた。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • ケヴィンも妻の看護のためにしばらく休職してもいいというミルトンの誘いを断って、仕事に埋没する。
  • 欧米では、古くから「人はまず家庭にあり、その対価を得るために仕事がある」という個人主義の価値観、および仕事は原罪に対する償いであるという宗教的な背景もあって、日本人のような仕事に埋没する姿勢を「ワーカホリック」と表現して忌避した。
  • ご清潔に生きることを望む父親は、世間並になりたい一心で仕事に埋没し、ご清潔に生きることを望む母親は、子供のちょっとしたズレも許さない。 小池真理子『猫を抱いて長電話』より引用