仕事に出かける

73 の用例 (0.01 秒)
  • 二人きりの夕食が終わり、閻魔ちゃんはいつものように仕事に出かけた。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • 夫や父親が仕事に出かけて、妻と子供が家に残るというのではないの。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 今朝、彼女が仕事に出かけた数分あとにやってきたのは、二人だったわ。 シムノン/長島良三訳『メグレと政府高官』より引用
  • 仕事に出かける前、ビルが最後に妻に言った言葉は何だったのだろう? パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • そして私は、それらのものを籠の中に放りこんだまま仕事に出かけた。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 朝、しょっちゅう腫れぼったい目で仕事に出かけている人も多いのでは。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • もやの中を、早く起きて仕事に出かける人が、わずかに見えるだけだった。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • どこの家も男は仕事に出かけていて女子供ばかりであった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 20 お吉の茶碗』より引用
  • 三日ほど前から外国へ一週間の予定で仕事に出かけている。 星新一『声の網』より引用
  • 男達は仕事に出かけているらしく、やや耳の遠い老婆が留守番をしている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 24 春の高瀬舟』より引用
  • だから仕事に出かけたし、自分自身に対する怒りをこめて働いた。 サンド/篠沢秀夫訳『愛の妖精』より引用
  • たぶん一人はお使いに、一人は仕事に出かけているのでしょう。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 父母が毎日のように山仕事に出かけたあとで祖母は彼にきいた。 黒島伝治『まかないの棒』より引用
  • 「仕事に出かけたのよ」母親のあげた手を彼女は心配そうに見た。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • 父は徴用の仕事に出かけて部屋の中は母と僕らだけが残っていた。 李成『砧をうつ女』より引用
  • 彼らはみんな仕事に出かけてしまっていたのである。 シムノン/長島良三訳『メグレと口の固い証人たち』より引用
  • 自分もこれから、世の中の皆さんと同じく仕事に出かけるのでありますぞ! 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • ぼくだってずっと昔には、仕事に出かけるお袋に帰りの時間を訊いたものだ。 樋口有介『八月の舟』より引用
  • 彼はやはり仕事に出かけ務めを果したが、それも自働人形的だった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 母はナイトクラブの仕事に出かけてしまっていて、そのことに気づかないでいる。 内田春菊『ファザーファッカー』より引用
  • 次へ »