今年二十六

17 の例文 (0.00 秒)
  • 今年二十六歳になる長身の光教が、上体を傾けるようにして入ってきた。 ...
  • 彼は今年二十六歳であるが、恐らく三十歳になるまではそのままであろうという。 ...
  • 権之助は今年二十六歳であった。 ...
  • 文字春は今年二十六で、女としては大柄の方であった。 ...
  • かれはたしか、わたしより一つ年上になるのだから、今年ことし二十六になっているはずだ。
  • 玄機は今年二十六歳になっている。 ...
  • 今年二十六という。 ...
  • 今年二十六になるオジナは、公職を追われた父親をもつゆえに長く不遇をかこってきた男だ。 ...
  • 光夫といい、青函せいかん連絡船に乗っているが、今年二十六歳のなかなかの好青年だった。 ...
  • するとぐれて身を持ちくずして勘当となったが、弟の石松は今年二十六、人の話では二十三四からぐれたそうだ。 ...
  • おねいは今年二十六になる小普請こぶしん組百石大矢田英之進えいのしんの次女である。 ...
  • 桜木洋は今年二十六歳、この三月に夕子が一方面主任に任命されて以来、彼女とコンビを組んで仕事をしている。 ...
  • かれは今年二十六で、女房も持たず、下女もおかず、六畳と四畳半とふた間の家に所謂いわゆるひとり者の暢気のんきな生活をしているとのことであった。 ...
  • ウッドリーは今年二十六、あと一年で退役だ。 ...
  • 圭介は今年二十六、背の高い、眉の美しい好男子で、そのスマートな人柄ひとがらは、生徒たちのあこがれの的になっていた。 ...
  • 桜木洋は今年二十六歳で、この三月に夕子が一方面主任に任命されて以来、彼女の立会事務官をつとめている。 ...