今にも

全て 副詞
5,529 の用例 (0.03 秒)
  • なんだか今にもそのピストルの口が僕の方にきそうな気配を感じたのだ。 海野十三『地球を狙う者』より引用
  • 今にも嵐になりさうな空の下を悲痛に叩きつけられた巨人が歩いてゐた。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 今にも彼女の首に手をかけて、絞めようとしているのかもしれないのだ。 赤川次郎『天使に似た人』より引用
  • 今にもあらしになりそうな空の下を悲痛にたたきつけられた巨人が歩いていた。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 今にもぼくに向かって投げつけるのではないかと、気が気ではなかった。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • 今にも落ちそうに見えるが実はなかなかしっかりしているのであった。 寺田寅彦『小さな出来事』より引用
  • 赤い日を見れば、今にもその土を気持よくふむ事が出来るやうに思った。 素木しづ『青白き夢』より引用
  • 頭がガランドウになって、今にも眼がまわりそうに胸が悪くなって来た。 夢野久作『白菊』より引用
  • 春香は今にも泣きそうなうるうるしたひとみでこううったえかけてきたのだった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第08巻』より引用
  • どういう顔をしていいのかわからないリリィは、今にも泣きそうな顔だ。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • 汽車はどれも今にもすぐ出発するかのように白い蒸気を吹き上げていた。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • ぼくは、今にもきみが顔を見せそうなものだとばかり思っていたんだ。 デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』より引用
  • 今にもその口から、自分に語りかけるみ声が聞こえてくるようであった。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • だが、一度ならず彼女は今にもエセックスに同意しそうな気配を見せた。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 背中から声をかけてきたのは、今にも倒れそうなほど憔悴した凛だった。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 私は今にもへんがありそうな病室を退しりぞいてまた先生の手紙を読もうとした。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 伝令は今にも泣き出しそうな顔付をするが、私は自分に問いかけてみる。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • 大きな不幸が今にも落ちかかって来るような、不吉な予想が私を囚えた。 豊島与志雄『未来の天才』より引用
  • 今にもバタンと前に倒れそうなのに、眼は不思議にかがやいていました。 原民喜『気絶人形』より引用
  • 彼は怒りのあまりに、今にもわたしをち倒しはしまいかとさえ思った。 ドイル・アーサー・コナン『世界怪談名作集』より引用
  • 次へ »