今に

全て 副詞
1,506 の用例 (0.01 秒)
  • この分だと、今に町じゅうの人が家のまわりにあつまってくるでしょうよ。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • 父の願いは女として生きて欲しかったのかもしれないと今になって思う。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 今に突然燈りがつくにちがひない、と野々宮は自分の心に言ひきかした。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • さう云ふ記憶は今になつて見るとどれ一つ懐しさを与へないものはない。 芥川竜之介『野人生計事』より引用
  • 今に必要になるという予感があったので、今まで取って置いたのだった。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • 今に時空間の移動ができるようになっても、気をつけなければならない。 岩城宏之『棒ふりの控室』より引用
  • 日本の少女だって今にアメリカの少女に負けないようになりましょう? 宮本百合子『わたくしの大好きなアメリカの少女』より引用
  • 今にわしの言ったことは実現されて、われわれの王国は建設されるだろう。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 今に火をふいて焼けてしまうぞ、山の下に立った時私は心の中で叫んだ。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 僕は今にこの小説のようなことが確かに出来るだろうと思っている。 海野十三『『地球盗難』の作者の言葉』より引用
  • 今にそれが証明せられるようなことが起ったらあなたにもおわかりでしょう。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • システムキッチンだってマンションだって今に私のために買ってくれる。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • そんなわけのわからん男相手にしてたら、今に変態に半殺しにされるで。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • 今に我身もそうなるかと思えば、毎日鏡を見るのも怖しいばかりだよ。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • なまなか昔を知ったからとて、今に望むのはまったく無理な注文である。 北大路魯山人『現代茶人批判』より引用
  • 今に又なんかの折、すこしはましな書評でもおめにかけたいものです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 今に大和魂といった位では日本でも通じなくなる時代が来ないとも限らない。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 今に一度にひっくり返すユーモアが用意されているのだろうと考えたのだ。 坂口安吾『日本文化私観』より引用
  • 今に何か起こるだろうと思っていたと、だれにきいてもそういうぐらいだから。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • 今に大和魂と云った位いでは日本でも通じなくなる時代が来ないとも限らない。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 次へ »

今に で始まる単語