仁術

全て 名詞
38 の例文 (0.00 秒)
  • 医が仁術となるのはいわばそんな体験よりの懺悔ざんげをともなう故であろう。 ...
  • 医者は、仁術であるべきであるが、独り、このことを医者だけに求めるべきものでない。 ...
  • それでも時たまこういうことをしておけば「あの先生は仁術だ」ということでぱっと人気がでる。 ...
  • 爾来じらい、医者は仁術と言われておりまして、社会民衆のために努力するのが、その使命でありますにかかわらず、今日の彼らはただ金を多く儲けさえすればよいというだけのことになっております。 ...
  • 医者は仁術というが、恭一君のはぴったりそれであった。 ...
  • かかるときにおいてはじめて芸術は人類に必需ひつじゅで、自他じた共に恵沢けいたくを与えられる仁術じんじゅつとなる。 ...
  • 日本に帰って来ても、わしは中央医学界の仁術を忘れた連中と付き合うのは真っ平御免なのだから、ここを墳墓の地に決めたいと思っている。 ...
  • その時、段祺瑞から送られた「仁術」の文字をはじめ、当時の人物が書き残した書が現在も残されている。 ...
  • 丁度医者が昔から仁術であると云われていながら、その大抵は金とり主義になっているように、小学校教師にも自己の職務を余りに職業視している人があると思う。 ...
  • この時から坊主で医者を兼ねることがはじまり、医と仁術の結合にいわば主役を演じた。 ...
  • こうしておいて一方では貧民に仁術を施す。 ...
  • 恐死病は病苦の最大なるものなれば、これを医するは仁術の大なるものならざるべからず。 ...
  • 「あの乗岡円了という先生は、仁術を施す先生でありました」と保さんが云った。 ...
  • その仁術の精髄は今どこへ行った? ...
  • 外科げかでは上手と云われているが、脂ぎった五十男で、仁術じんじゅつという職業には余りに体力的な人物だった。 ...
  • 兄のいじわると対照的に、いかにもさわやかな仁術ぶりである。 ...
  • 医学には専ら仁術として、人に働きかける媒介としてたずさわったのであって、学問としてこれに貢献せんとした訳ではない。 ...
  • 次へ