人生を切り開い

20 の用例 (0.00 秒)
  • それにもかかわらず、金川夫婦は懸命に、人生を切り開こうとしていた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • そして、以前の自分からは想像もつかないような新しい人生を切り開くことができるのではないか。
  • 彼らはみな、自らの人生を切り開こうとする途上の若者たちだ。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • それが私の生なら、精一杯生きてきっと自分の人生を切り開く。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • そして僕は君の人生を切り開く希望だ。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 加茂珠洲子は死んだことにし、新しい自分の人生を切り開こう。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • そして、彼らはみな、今日も明日も明後日も、自分の人生を切り開こうとしているはずだった。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 心ならずもアイドルとしての道を進む事になる彼女だったが、やがて歌を通して自らの人生を切り開いていく。
  • そして必ずしも男だけが妻子を養ったり、人生を切り開いていくものでもないのだ、ということを自ら体験もした。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 学校や教師など関係なく、自力で人生を切り開いていく。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • 俺は俺の人生を切り開いてやる! 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • 女のわたしから見ても、人生を切り開くたくましさに恵まれた、とても意志の強い魅力的な女性です。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • これまで私は、周囲になんといわれようとも、自分の手で、自分の信じる人生を切り開いてきました。 三浦哲郎『愛しい女』より引用
  • 十六、七歳だった僕の目に完璧な大人として映っていた彼にも、悩める十代があり、人生を切り開こうともがく二十代があったのだ、と。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 頑張って自分の力で人生を切り開いていく。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 人一倍の行動力で人生を切り開いてきた。
  • たしかに生命を第一に考えれば、艦を放棄し、どこか適当な地上世界ナヘーヌで新しい人生を切り開くのが、敵の兵士たちにとって最良の方法だろう。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 02 守るべきもの』より引用
  • ところで、私たちが、この世界という偶有性の海に飛び込んで、その中で能動的に人生を切り開いていくとき、その基礎になるのは、いうまでもなく私たちの身体です。 茂木健一郎『「脳」整理法』より引用
  • 苦労に苦労を重ねて店を持ち、自力で人生を切り開いてきたという自負を強く抱いていたから、他者に対して手厳しいことは多く言っても、誉めることは少ない人だった。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 師を求めて自ら人生を切り開く、虎穴に入らずんば虎児を得ず、そういった精神的風土が向学の志に燃える青年の間にみなぎっていた時代であった。 柳田邦男『空白の天気図』より引用