人格が入れ替わる

16 の用例 (0.00 秒)
  • 前作の登場人物が登場し、人格が入れ替わるという内容も同じ。
  • くしゃみで人格が入れ替わることは自覚している様子だが、青髪時の記憶はない。
  • 同じ名前を持つ2人のボクサーの人格が入れ替わったことから始まる両者の物語である。
  • アイラの目には、まるで別の人格が入れ替わったように映った。 千葉暁『アルス・マグナ2 大いなる秘法 光と闇の双生児』より引用
  • そのうち彼女は、まるで人格が入れ替わったみたいな感じになって、こんなふうに云った。 綾辻行人『鳴風荘事件 ―殺人方程式Ⅱ―』より引用
  • 病院で目が覚めると二人は人格が入れ替わってしまった。
  • そんな中、雷に打たれた幸とマキノの人格が入れ替わってしまう。
  • さらにでは、対戦中に連続で攻撃を受けたり、特定のコマンドを入力すると人格が入れ替わる。
  • 仮釈放になった後は複数の人格が入れ替わる状態が続いていたため、定職について生活を営むことができなかった。
  • しかし例外的に6期は、男女のお互いの人格が入れ替わるという基本設定上、ほぼ半々の割合で少年の体の変化について積極的に描かれている。
  • 人格が入れ替わったとさえ思える変化だった。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース1』より引用
  • 人格が入れ替わる際は、話し方や髪の色、目つきが変化するが、アニメでは小山が声も演じ分ける。
  • 「活発な男の子とおとなしい女の子の意識が、ふとした出来事で入れ替わってしまう」という、いわゆる『おれがあいつであいつがおれで』のような性転換フィクション作品であるが、二人が中学生、高校生と成長を重ねても、ふたりの人格が入れ替わったままになってしまうという点が特徴的である。
  • 人格が入れ替わるとその記憶も残らない。
  • 「へんしん」と言っても、主人公がヒーローに変身する訳ではなく、男性と女性の性が入れ替わると言う物で、後年の『転校生』の先駆け的な作品だが、放送コードの関係上、主人公の人格が入れ替わる程度の描写に抑えられた。
  • 病院で目覚めると小梅は恭一郎、恭一郎は理恵子、理恵子は小梅に人格が入れ替わっていた。