人後に落ちない

全て 名詞
101 の例文 (0.00 秒)
  • 兄が弟思いであるように、弟も兄思いでは人後に落ちないところがある。 ...
  • 私も会社の行く末を心配することにおいては人後に落ちないつもりです。 ...
  • しかしその何かを感じてゐることは必ずしも人後に落ちないつもりである。 ...
  • 彼はハレスの族の中でも武勇において人後に落ちない者だったからである。 ...
  • 爾来、歩く旅では人後に落ちない無数の体験をもっているらしいのだ。 ...
  • 二人ながら弁舌の上でも実行の上でも人後に落ちないコサックだった。 ...
  • だから地球人類が栄えるように、ねがうことについても人後に落ちない。 ...
  • 私も人後に落ちない蕎麦好きのほうだが、とても真似ができない。 ...
  • カラオケ愛好者としては人後に落ちないこの僕がいうのですからそれはもう大変なものなのです。 ...
  • 橘にしても、その点、決して人後に落ちないという自信はあった。 ...
  • 私たちは二人ともあまり酒は飲めないほうだったが、そのかわり食うことにおいては人後に落ちない。
  • 私も常に俳句の新しい事をねがって居ることは人後に落ちない。 ...
  • とにかく、誰がなんといっても美食没頭の体験においては人後に落ちない自信を有している。 ...
  • 銀行の副頭取だが、古美術では人後に落ちない趣味家であった。 ...
  • 私は日本の四季を愛することでは人後に落ちないつもりだが、東京に自然の夏がないというのでは寂しい。 ...
  • 修羅場の数を踏んできたことにおいては人後に落ちないはずの脇浜も、このときばかりは驚いた。 ...
  • 儒者も禹を尊崇することでは人後に落ちないのだが、墨子の場合は極端であった。 ...
  • 次へ