人出で賑わう

22 の用例 (0.00 秒)
  • 当時は地元のラジオで海水浴場の状況が伝えられるほど人出で賑わった。
  • 第一回目は目抜き通りが通行止めにされ約1万人以上の人出で賑わった。
  • また、毎年8月には10万人以上の人出で賑わう祭りが行われる。
  • 練馬の冬の風物詩として親しまれ、毎年8万人の人出で賑わっている。
  • また熊取だんじり祭が毎年10月に開催され多くの人出で賑わう。
  • いつにない人出で賑わう村道を眺め、夕陽が射し始めると周囲のものを片づけにかかった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 交通不便な場所に鎮座しているが、現在でも初詣には1万人ぐらいの人出で賑わう。
  • 休日の人出でにぎわう家電専門店の一階に少年は現れた。 藤咲淳一『攻殻機動隊 虚無回廊』より引用
  • ゴールデンウィーク中に行われる事と相まって、期間中は約70万人の人出で賑わう。
  • 毎年、県内各地から訪れる約10万人の人出で賑わっている。
  • 例年約10万人の人出で賑わい、神社前の国道48号と接続道路は交通規制がなされ、バスやタクシー以外の進入が出来なくなる。
  • 大会当日は、南丹市内だけでなく、亀岡市や京都市からの見物客に加えお盆の帰省客もあって多くの人出で賑わう。
  • そのため商店街の人通りは多く、特に休日は人出で賑わう。
  • 平日は閑散としていた反面、土日祝日や夏季観光シーズンには人出で賑わった。
  • 昼間は人出でにぎわう土産物店も、今はもうすべて閉まっており、通る人もいないので、車で尾行すると目立つ。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 毎年9月の第2土・日曜日に開催される「せともの祭」は、全国最大級の陶器の廉売市が行われ、毎年約50万人の人出で賑わう瀬戸市最大のイベントである。
  • 普段は目立たない通りで、車や人通りも少ない閑散とした道路であるが、魚市場が人出で賑わいを見せる休日や年末などでは魚市場への一般買物客などの抜け道にも利用され、自動車による交通渋滞がしばしば起こることもある。
  • 毎年10月に商店街一帯で「愛情防府フリーマーケット」が開催され、西日本随一の12万人以上の人出で賑わっているものの、これは一時的なものである。
  • 河口の両側は神崎海水浴場、丹後由良海水浴場があり、夏には大勢の人出で賑わう。
  • 町域の東部には平安時代前期の創建とされる瀧泉寺があり、毎月28日の縁日には多くの人出で賑わいを見せる。
  • 次へ »