人事の刷新

22 の用例 (0.00 秒)
  • 彼が社長として最初に行なったのは、人事の刷新だった。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • 法相に就任した唐沢は、検察人事の刷新、斡旋収賄罪の制定に尽力した。
  • 人事の刷新は、多くの場合、政策の変更につながるものである。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • 集団や組織でも、配置替えをしたり人事の刷新をはかるなど、活性化が必要である。 講談社辞典局編『日英対照実用ことわざ辞典』より引用
  • 思いきった人事の刷新を断行できる大臣は、残念ながら長州出身の将軍には期待できん。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 呪縛じゅばくめいた秦檜しんかいの圧迫から解放されて、高宗こうそうがまずやってのけたことは人事の刷新さっしんであった。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • 選挙結果を受けて重光総裁は党人事の刷新を決意する。
  • だが、山本はすぐに辞表を受理して直ちに人事の刷新を図った。
  • 蔵相時代に行った大規模な省内人事の刷新や極端な積極財政は、官界や財界に大きな混乱を招く結果となった。
  • 後三条・白河両天皇は摂関家勢力を抑えて政治の主導権を天皇に取り戻すことに尽くし、非摂関家の藤原氏諸流や非藤原氏の公卿を取り立てるなどの人事の刷新を図った。
  • このほか、党三役としては政調会長、総務会長があるが、政治家の誰かが「党人事の刷新」を口にするときは、八、九〇%が幹事長の交代を暗に要求していると考えていい。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • しかし、明治31年から始まった美術学校騒動により続いていた紛争状態を終息させるために明治34年8月に同校の校長となった正木直彦により、日本画科の改革が図られ、人事の刷新が行われた。
  • その後、海陵王の従弟が即位し、世宗となり、それまでの暴政を刷新、財政改革と人事の刷新を図るなど善政に努め、金朝は再び安定期を迎えた。
  • 文政9年、藩政改革のために人事の刷新を密議したことを罪に問われ、逼塞処分となり、隠居して家督を嫡男の元美に譲った。
  • 人事の刷新とか、全国事情の精通とか、出世競争などの名目において、転勤を当り前とする企業の経営風土そのものが見直されなければならない。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • このオーナー持ち回りのシステムが、オーナー交代の度にユニフォームやフロント・監督・コーチの人事の刷新を繰り返すという弊害を生み、長期的なチーム作りを困難にしていた。
  • さっそく光國は人事の刷新を行った。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 天野は当選後に人事の刷新を行い、副知事には財界人の小林中らが推す郵政省簡易保険局長金丸徳重を抜擢した。
  • 松下電工株式会社支援体制のもとに平成2年3月開催の第72回定時株主総会において、役員の改選により経営人事の刷新が行われ、松下電工株式会社より代表取締役社長、常務取締役がそれぞれ選任され就任、出向者2名を含む新体制により平成2年4月より企業再建がスタートした。
  • 三木は閣僚を罷免してまで解散権を行使することはなく、9月15日に内閣改造と自民党役員人事の刷新を行い、派閥の領袖である福田・大平以外の13閣僚を交代させた。
  • 次へ »