人一倍傷つき

5 の用例 (0.00 秒)
  • 人一倍傷つきやすいガラスの心を守るには、自分とは正反対の、何事も笑って受け流せる屈託のない少女を演じるしかなかった。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 万樹子の持っている我儘わがままな無神経さが、表面はニヒルな冷たさを見せながら、内心は人一倍傷つきやすい銀平の心をどれほど傷つけているかしれない。 山崎豊子『華麗なる一族 中』より引用
  • 美嘉は人一倍傷つきやすくて弱い子やんな? 石原千秋『ケータイ小説は文学か』より引用
  • そしてまた、爪楊枝けずりの職人の息子だということが、章三の自尊心を人一倍傷つき易いものにしていたから、人一倍カッとなって、殆んど前後の見境もなくなるところだった。 織田作之助『土曜夫人』より引用
  • 人一倍傷つき易かった。 織田作之助『青春の逆説』より引用