人一倍つよい

6 の用例 (0.00 秒)
  • 私は、べつに蒐集癖や名誉欲が人一倍つよいとは思っていない。 植村直己『青春を山に賭けて』より引用
  • むしろ物慾を置きわすれたような男だけに、名誉慾は人一倍つよい。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 私自身も山人の口からそのことを聞いたことがあるが、ヤジロベエとキタハチの、 「世のため、人のため全く役にもたたず、あってもなくてもいいようなくせに好奇心だけが人一倍つよい」点が全く自分と同じだと気にいって、将来、そんな人間になりたいと考えたそうである。 遠藤周作『ぐうたら交友録』より引用
  • 彼はまだ若く、感受性も人一倍つよい上に、自分の力を立証することがこの世でもっとも重要なことだとかんたんに思いこんでしまうほど、過去において充分に気持ちを傷つけられ、苦しんできているのだ。 マクリーン『ナヴァロンの要塞』より引用
  • いや、神経質で自尊心の人一倍つよい多田慎吾だ、その慎吾が大衆の前で全面的におのれの非を謝するのは、死ぬよりも辛いことであったろう。 鮎川哲也『死者を笞打て』より引用
  • 正義感と負けん気が人一倍つよい高校生・渋谷有利は、ある日、公園で中学時代の同級生・村田健を助けようとしたが不良高校生たちに返り討ちにあい、公衆トイレの便器に顔を突っ込まれそうになる。