人サイ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 創造的精神で人類社会に貢献することができる個性がある人才を育てる。 ...
  • 通常の服より違ったころもを着れば、独特の人才じんさいにでもあるかのように思う人も少なくない。 ...
  • 其星巌集の序を読めば彼が多少人才を監識するの才を具せるを見るに足る。 ...
  • また悪魔を料理し得る人才じんさいが、いかにも少ないことも、歎かはしいことの一つである。 ...
  • この通り零落おちぶれてをる僕が気毒と思ふなら、君の為になやまされてをる人才の多くを一層不敏ふびんと思うて遣れ。 ...
  • 未来の若年寄から老中を以て望みをかけられたほどの若い人才が、ほんの一人の女のために身を誤ったとすれば、惜しみても余りあることであります。 ...
  • 「滝沢くん、この人サイモンさん」 と、秋元さんが私を紹介してくれた。 ...
  • 実業上に関しては、曲りなりにも組織的意見を有せる一個の人才たるを以て、新内閣中彼れの為めに最好の位置は確かに農商務大臣の椅子なりき。 ...
  • それは至正の末年で、天子は元順帝げんじゅんていであったが、杭州の劉万戸が人才であるということを聞いたので、それを用いることにして呼んだ。 ...
  • 社名は「天才・地才・人才」の「『三』つの『才』」からとられている。 ...
  • さらには司徒左長史・吏部郎に移り、精細に人才を選挙した事をもって名声を博した。 ...
  • 二月二十一日の夜の五ツ半頃に、遠州屋の主人才兵衛は浅草の聖天下しょうでんしたで何者にか殺害された。 ...
  • 故に斯くの如き政治に於ては、多数の国民よりも、寧ろ国民中より抽出したる少数の人才之れが指導者たらざる可からず。 ...
  • 實業上に關しては、曲りなりにも組織的意見を有せる一個の人才たるを以て、新内閣中彼れの爲めに最好の位置は確かに農商務大臣の椅子なりき。 ...
  • 先覚者たる役人は、あるいは国内に大学を建てたり、あるいは秀才を外国に送ったりして、人才の養成に力を致しました。 ...
  • ただし忠職自身は「この人才幹ありて経綸遺業多かりし」と評価されている。 ...
  • それは代議士候補者としていわゆる優良な新人才の資格を選ぶ一カ条に是非とも婦人に対する素行の端正であることを加えて欲しい。 ...