人は黙々と

47 の用例 (0.00 秒)
  • 誰も言葉をかけることができずに、残る五人は黙々とランチを片づけた。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • カンカンと太陽の照りつける林の中の小道を、三人は黙々と歩き続ける。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用
  • というより、判断力を失った顔で、三人は黙々と馬車から下りた。 山田風太郎『幻燈辻馬車(上)』より引用
  • そして二人は黙々といつまでも並んで坐っていました。 ドーデ/村上菊一郎訳『風車小屋便り』より引用
  • じっとしているとたまらないので、二人は黙々と広場スクエアの一番外側を歩き始めた。 森瑤子『少し酔って』より引用
  • 二人は黙々と手と口を動かしながら、食い入るようにテレビのニュース番組を見ていた。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • 警官の声を背に、四人は黙々と今来た道をもどった。 光瀬龍『明日への追跡』より引用
  • ほとんどの人は黙々と皿の中の肉切れやスモークサーモンなどを突っついている。 森瑤子『金曜日の女』より引用
  • 午前四時の部屋で男四人は黙々と寿司を口に運んだ。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 満天の星は夜明けとともに消え、うす明かりの中を二人は黙々と登った。 植村直己『青春を山に賭けて』より引用
  • それを不安に思う様子もなく、二人は黙々と進む。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • それから二人は黙々と作業にかかった。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • そして二人は黙々もくもくと作業を始めた。 伊都工平『天槍の下のバシレイス2 まれびとの棺 〈下〉』より引用
  • 時々影絵かげえのように近づいてくる人々とすれちがいながら、三人は黙々もくもくと和倉の家に急いだ。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • と言い合ったあと、四人は黙々とお茶を飲んでいる。 半村良『下町探偵局PART1』より引用
  • それから二人は黙々とテーブルの上の食物を平らげた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 二人は黙々と店へもどった。 光瀬龍『征東都督府』より引用
  • 三人は黙々と歩いていた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 8 やさしさは風の調べ』より引用
  • 左手に独秀峯、右手に紅葉嶺を見ながら、四人は黙々と足をはこんだ。 陳舜臣『秘本三国志 03 (三)』より引用
  • 今しがたのことが、嘘のように、何ごともなかった風で、三人は黙々と土を掘り始めました。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二』より引用
  • 次へ »

人は黙々と の使われ方