人は見かけ

81 の用例 (0.00 秒)
  • 人は見かけじゃ判断できないもんだと教えられたのが印象に残ってます。 深沢美潮『消えた少女とロングソード』より引用
  • 離れてるからよく分らなかったけど、ちょっとあれだけの人は見かけないわ。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • 人は見かけによらないとはこういうのを言うのかもしれなかった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 人は見かけによらないものだと私は思い、とん平も同じことを言った。 中場利一『さあ、きょうからマジメになるぞ!』より引用
  • 人は見かけによらぬものと一笑して、此の一件はそのまゝ秘密になしたり。 永井荷風『断腸亭日乗』より引用
  • 大通りが近づいてきても聞こえるのは車の音ばかりで、あまり人は見かけない。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • チアキのことをよく知っている仲間は皆、人は見かけによらない、と言う。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • 新聞で見てびっくりした、人は見かけによらないものだ、といった話であった。 深谷忠記『寝台特急「出雲」+-の交叉』より引用
  • 人は見かけによらぬもので、子供思いのやさしい兵隊さんだったようだ。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • その後は、彼の人の良さそうな丸顔を見るたび、人は見かけによらないなと思った。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • もちろん、京への道すじへも人を走らせたが、そんな人は見かけた者はないという。 海音寺潮五郎『天と地と(三)』より引用
  • この人は見かけとまつたく反対に無神経なのだらうか。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 人は見かけで判断してはいけません。 今野緒雪『マリア様がみてる 28 フレーム オブ マインド』より引用
  • 人は見かけによらないもんだわ、と私は寮へ入りながら思った。 赤川次郎『世界は破滅を待っている』より引用
  • でも俺にはお前さんが、どうも筋もんのようには見えないが、人は見かけによらないものかね。 安部譲二『塀の中のプレイ・ボール』より引用
  • あの人は見かけによらず、それはしっかりした人でした。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 3) エディプスの恋人』より引用
  • 人は見かけによらないし、人の過去はもっと見かけによらない。 西尾維新『花物語』より引用
  • 人は見かけによらないと言うのは、本当の事なのだ。 奈須きのこ『歌月十夜 46 あの子が死んだ?朝』より引用
  • 道を行く人を見ても、着ぶくれている人は見かけない。 藤沢周平『夜消える』より引用
  • ふうん、あなたみたいな純情そうながねえ、人は見かけによらないわねえ。 内田康夫『平家伝説殺人事件』より引用
  • 次へ »