人の子供

5,465 の用例 (0.01 秒)
  • 二人の子供はおどろきと悲しみのあまりものを言うことも出来ませんでした。 下村千秋『神様の布団』より引用
  • 一六〇万人の子供が自分たちの教室を持たず、二部教授で苦しんでいる。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 数人の子供たちが犬に続いて駆けてきたときも、彼女は無防備であった。 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』より引用
  • これこそまさに二人の子供があれほどしばしば描いて見せた男だった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 金持ちで、しかもそれを鼻にかけている百姓にたった一人の子供がいた。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • この三人の子供の父親は同じだが、それはけっしてひとにはわかるまい。 アポリネール/須賀慣訳『若きドンジュアンの冒険』より引用
  • おれが死んだという知らせを聞くまでは、どうかその二人の子供を頼む。 山田風太郎『エドの舞踏会 山田風太郎明治小説全集8』より引用
  • 四人の子供が全員独立した現在、大きな家には妻と二人しか住んでいない。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • こうした三人の子供を育てて行かねばならないお里も可哀そうであった。 島田清次郎『地上』より引用
  • 自分の子供のためには犠牲になるが、人の子供のためには犠牲にならない。 坂口安吾『戦争論』より引用
  • 三人の子供は高里の家からけ出すところを近所の人間に目撃もくげきされていた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 私の四人の子供がまだ生まれない前からあるのも、その古いほうの時計だ。 島崎藤村『嵐』より引用
  • 緋佐子は、日美香くらいのときにはもう二人の子供の母親になっていた。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • 京子は二人の子供を捨てて万蔵のところへ来るよりほかはなくなっていた。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • そこへ桂屋太郎兵衛の女房と五人の子供とを連れて、町年寄まちどしより五人が来た。 森鴎外『最後の一句』より引用
  • ある日の暮れに二人の子供は、いつものように父母のことを言っていた。 森鴎外『山椒大夫』より引用
  • ヴァージニアは二人のあいだに生まれた四人の子供のうちの三人目である。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • 御主人はお留守でしたから、奥様と三人の子供さん達にお会いしました。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • 先生の家族は、先生の母と二人の子供と女房アキ子の五人暮しであった。 坂口安吾『遺恨』より引用
  • 二人の子供たちをつれて小旅行にでも出られる年になることたのしみです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 次へ »