人の召使

91 の用例 (0.00 秒)
  • まず台所へ降りて行って、二人の召使をきちんとベッドに横たえてやった。 ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』より引用
  • ここに人のいい大変忠実な一人の召使をおいている家があります。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • 水は、二人の召使が、半時間もかゝればすぐ一ぱいにすることができます。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • そして彼はただ一人の召使を連れてそこへとじこもってしまった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 従って三番町の邸宅には博士夫妻と数人の召使しか住んでいなかった。 横溝正史『芙蓉屋敷の秘密』より引用
  • 第三院子なかにわには数人の召使がいるだけだったが、三人の騎手を見るとあわてて姿を隠した。 フーリック/大室幹雄訳『中国迷路殺人事件』より引用
  • アエラ姫は数十人の召使と侍女に囲まれて、この館で暮らしていた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • 三人の召使がそのまわりに立ち、肉片を長い金串にさしてあぶっていた。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • 前にいたフランス人の召使より、あのほうがずっと好きだ。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • 朝鮮人の召使たちの態度が目に見えて横暴になっていく。 大藪春彦『野獣死すべし』より引用
  • あとはただ黙々と三人の召使が食堂の給仕を勤めておりました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • 彼は二人の召使に身のまわりの世話をやかれていた。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 廊下へ集まっているらしい三人の召使の一人が、すすり泣いた。 直木三十五『南国太平記』より引用
  • 二人の召使がその意見を証拠だてた。 アーヴィング/吉田甲子太郎訳『スケッチブック』より引用
  • この三人の召使女のうちの一人は、道楽者が連れて来た多くの家畜の世話をする役をも兼ねていた。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 支那人の召使は日本語で私に話しかけた。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • そしてすべてのことを整理してから、一人の召使をつれて二人だけでアンコナにまいりました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • 二人の召使がたいまつを手にして先頭に立った。 フーリック/大室幹雄訳『中国迷路殺人事件』より引用
  • 年をとった一人の召使女が、せんかたなく世話をやいている。 ランボー/金子光晴訳『イリュミナシオン』より引用
  • あとはもう四人の召使女を選ぶことだけだった。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 次へ »