人の兵隊

230 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は一人の士官と二人の兵隊とを護衛のためつけてくれることになった。 ヘディン/長尾宏也訳『シルクロード』より引用
  • 三男とその部下の四人の兵隊の存在そのものが、ものを言ったのである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 小さな一隊はもう三人の兵隊と伍長とファフリツィオだけになっていた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • 八杉はこの日の二人の上曹ともう一人の兵隊の名もまるでおぼえていない。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • 前方の石の控え壁のかげに一人の兵隊が恋人といっしょに立っていた。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • この隊にいた一人の兵隊さんが、次のような話をしてくれました。 竹山道雄『ビルマの竪琴』より引用
  • ちょうど小母さんも在宅していて、ほかにもう一人の兵隊が来ていた。 相沢忠洋『「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』より引用
  • 護衛に乗せている十人の兵隊たちも一斉に銃を持って外に出た。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 外に出てみると、数人の兵隊が一人の男を囲んでもみ合っているのが見えた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • そのうしろには、肩に銃をかついだ四人の兵隊がつきしたがっていた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 韓国人の兵隊にDDTの粉末をかけたら、シラミは逆にふえてきたのだ。 カーソン/青樹簗一『沈黙の春』より引用
  • すなわち、一万人の兵隊がいるとしたらそのうちの何人が戦うのだろうということだ。 ハインライン『宇宙の戦士』より引用
  • しかも、麻薬を運んでくるのは一人の兵隊だけでないということだ。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 彼方の四つ角で地図を持った士官が二三人の兵隊と何か大声で道の事をいていた。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • どこかそういうところで千人の兵隊が一線に並んで戦ったのね。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『04 にせ札偽造団』より引用
  • 夕方までには、司令部のある谷間の町には、一人の兵隊の姿も見えなくなった。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 二人の兵隊の案内で指揮官以下九名は、夜のジャングルに入った。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • 台湾人や朝鮮人の兵隊なんか、ほんとに、ひどい目に会つたわけぢやないか。 丸谷才一『女ざかり』より引用
  • これまで、何人の兵隊にそう言ってきたのだろうと思った。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • 僕は外の一人の兵隊をつかまえて、匹田に似た兵隊のことをきいて見ました。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 次へ »