人で大笑い

25 の用例 (0.00 秒)
  • 飲み屋の片隅で、紘一と幹生が親密に話していたこと、三人で大笑いしたこと、晴子が路上でフラダンサーのように腰を振って踊りながら歩いていたこと。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • 東吾のほうが一寸ばかり背が高く、父親似の武ばった体つきをして居り、その分、兄の秀麗さに負けるが、声はそっくりで、また東吾が兄の屋敷に同居していた頃、兄のもの言いを真似て、兄嫁を欺して二人で大笑いしたことがある。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • 淀川のあまりのはしゃぎ様に川淵が感想を訊ねると「もし2連敗でもしたら、うちのオシムを寄越せと言うと思った」と言い、川淵も「ようわかっとるじゃないか」と二人で大笑いになる。
  • 「そしたらねえ上杉くん、卵は割れずに茶碗が割れちゃったんだよ」 「えらく硬い卵だったんですね」 「違うのよ」奥さんが笑いながら引き取って、「わたしがうっかり冷凍庫に入れてしまってたの」 「あれま」 「もう、二人で大笑い」そう言って、今度は三人で大笑いしたものだったが。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • 苦笑いしながら3人で大笑いする。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編』より引用