人で出かける

67 の用例 (0.00 秒)
  • 裕生がわざと行き先を告げずに一人で出かけたとは思ってもみなかった。 三上延『シャドウテイカー5 ドッグヘッド(完)』より引用
  • 天王寺の方へ行って見ることにして、おいくさんと娘と五人で出かける。 宮本百合子『日記』より引用
  • そして、やみの晩がきたら、二人で出かけて行って、鍵をためしてみるんだ。 トウェイン/大久保康雄訳『トム・ソーヤーの冒険』より引用
  • 芙由子の兄さんは寒そうに首をすくめて、青年と二人で出かけていった。 光瀬龍『明日への追跡』より引用
  • 野口は私たちを置きざりにして、よく一人で出かけることがありました。 豊島与志雄『食慾』より引用
  • まず女三人で出かけたところは、西麻布に新しく出来た焼肉屋さんである。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • 伊藤孝二郎が東京に出張すると、ときどき一人で出かける場所があった。 吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』より引用
  • かれらのうちの一人は、たった一人で出かけたものもあった。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • 御者と従者が一人ついたのみで、軽い散策のつもりで三人で出かけたのだ。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • ある晩、いつものように二人で出かけましたが、それきり帰ってこないんですよ。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • お嬢様が一人で出かけることなど、ご主人は予想なさいませんでした。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 今から六十年も前の神戸だが、少年の私が一人で出かけた。 獅子文六『食味歳時記』より引用
  • おれ一人で出かけてもしようがない、一人じゃこの仕事は手に負えないんだ。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(下)』より引用
  • 以前つとめていた店の女の子と二人で出かける予定だという。 阿部牧郎『危険な秋』より引用
  • 結婚した年のお盆に墓参りを兼ねて二人で出かけたのが最初だった。 南木佳士『阿弥陀堂だより』より引用
  • 休日には三人で出かけることも多く、そのプランはいつも奥田が立てた。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 氷室ひむろ屋と呼ばれていた飯屋で昼飯を食おうということになって三人で出かけた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • 案内人をつけないと路がわからないだろうと言われたが、かまわずに一人で出かけた。 田畑修一郎『石ころ路』より引用
  • はじめの頃は三人で出かけたりしていたみたい。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • おれはあいつと二人で出かけたことなんてないよ。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • 次へ »

人で出かける の使われ方