全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 刑部侍郎の辛亶が緋色の褌を着て、官界での利益を得ようとしたことがあった。 ...
  • 子の呂亶が後を嗣ぎ、北周の末年に駕部下大夫となった。
  • 昭公6年、子の亶が昭公を殺して自ら立ち、衛君となった。 ...
  • 文帝はしばらくして辛亶を釈放した。 ...
  • ときに末子の鄅国公李昭がすでに亡くなっていたので、李亶の子の李津が後を継ぎ、開元年間に左威衛将軍となった。 ...
  • 夏侯 亶は、南朝斉から梁にかけての軍人・政治家。
  • 子の豫章王李亶は、江州刺史として治績があり、高宗は元名の教育の優れているのを賞賛して、褒美を与えた。 ...
  • 文帝は激怒して「卿は辛亶を惜しんで自らを惜しまないのか」と言い、趙綽に辛亶を斬らせようとした。 ...
  • 文帝は迷信を嫌って辛亶を斬ろうとした。 ...
  • 趙綽は「陛下はむしろ臣を殺すべきで、辛亶を殺してはいけません」と言い、朝堂で衣を脱いで自ら斬罪に服そうとした。 ...
  • 天応は、大長和の鄭隆亶の時代に使用された元号。
  • 元 亶は、北魏・東魏の皇族。
  • 祖父は唐の台州刺史の蘇亶。 ...
  • 女真名は合剌、漢名は亶。 ...
  • 高祖父は銭碩亶。 ...