京都の公家

68 の用例 (0.00 秒)
  • いや、まだ怪しからねえのは、そいつが京都の公家くげの娘だと云っているそうだ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 京都の公家からも賞賛されるほどの和歌の達人で、光通との仲は良かった。
  • また、京都の公家の出自という設定になっていることが多い。
  • また京都の公家や俵屋宗達らとも交流を持つなど、芸術文化面での才もあったと推測される。
  • 鎌倉入りと都市造営は、それまで京都の公家たちに従属していた武士の歴史として画期的な意味を持つ。
  • 与一兵衛の三人の子供のうち、息子の佐太郎さたろうは京都の公家くげ研師本阿弥ほんあみの弟子となって家を離れていた。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 夫人の兄弟田原親堅は大友家で第二位或は三位の重臣であったが、子がないため京都の公家から親虎を迎えて養子とした。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 柳原とは地域名とともに京都の公家柳原家に由来する。
  • また、京都の公家とたびたび交流を持ち、陸奥の地に小京都と呼ばれるほどの貴族文化を花開かせた。
  • まあ、誰だってあんな京都の公家のバケモンどもからとり囲まれとったら、わしんごたる裏表ない男と話がしとうなるのも無理はなか。 つかこうへい『龍馬伝 野望篇』より引用
  • 総柱型平屋建物は、京都の公家層・地方の地頭層から一般集落に至る各階層の住居に普及する、当時としては全く新しい建築様式であり、また日本独自のものである。
  • 後白河法皇にとって高倉天皇は治天の権威によって自らが選んだ後継者であり、その子孫に皇位を継承させることは京都の公家社会では共通の認識であったためである。
  • 万里谷家はもともと京都きょうと公家くげであった。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • 京都の公家からも賞賛されるほどの和歌の達人とも伝わる国姫は、光通から見て従姪に当たる。
  • これはこの芝居の初演される十年前に、品川で京都の公家出身と詐称する遊女がいた事件を取り入れたもの。
  • 武家政権である鎌倉幕府の成立後、京都の公家政権との二頭政治が続いていたが、この乱の結果、幕府が優勢となり、朝廷の権力は制限され、幕府が皇位継承などに影響力を持つようになる。
  • 京都の公家が東国の武士を「外国之武士」と呼称していた事は、慈円の願文の中に記されている。
  • 宗家の坂上氏は、代々、京都の公家との姻戚関係を維持し、明治時代に東京に移るまでは長宝寺の近くに構えた屋敷に住んでいた。
  • その総数は1200点余りで、主に京都の公家や寺社由来のまとまった文書群が多く、中には原本も含まれている。
  • 忠久は鎌倉時代以前は京都の公家を警護をする武士であり、親戚は大隅・日向国の国司を務めていた。
  • 次へ »