交響曲第四番

17 の例文 (0.00 秒)
  • そういえばこれはベートーヴェンの交響曲第四番の編成と同じです。 ...
  • チャイコフスキーの同じへ短調の交響曲第四番との類似をいつも私は思うのですが。 ...
  • ただ交響曲第四番の時にも話が出ましたが、シューマンの音色への独特なイメージですね。 ...
  • それにしても、このブラームスの交響曲第四番は、淋しい感じの作品だと思うんです。
  • まあブラームスの交響曲第四番のフィナーレあたりと、ひじょうに血縁が深いものです。 ...
  • この曲は彼の故郷のチューリヒで初演されたのですが、同じ年にやはりスイスのバーゼルで初演した交響曲第四番には〈バーゼルの喜び〉の副題がついていて、これは第三番と対照的な歓喜の調べにみちています。 ...
  • 「交響曲第四番=変ホ長調」の全曲がカール・ベームの指揮でビクターに入っている。 ...
  • 以前、レニングラード・フィルが来日した時、あれは新宿のコマ劇場でブラームスの交響曲第四番をやりました。 ...
  • 音楽での最もよい所は音符の中には発見されない、それは演奏をまたねばならぬと言ったのはマーラーだが、そのマーラーの『交響曲第四番』第二楽章で、独奏ヴァイオリンが真に悪魔的に響かぬなら「それは演奏ではない」とブルーノ・ワルターは言っている。 ...
  • 最初の演目は、チャイコフスキーの交響曲第四番ヘ短調。 ...
  • しかし、ブラームスの交響曲第四番のフィナーレなどは、三拍子だし、最初から上声の和声がついていますから、どうしてもシャコンヌですね。 ...
  • これはフィンランドの保護をうけて売出されたもので特色的な良いものであったが、「交響曲第四番=イ短調」ストコフスキー指揮のビクター盤と共に廃盤になってしまった。 ...
  • バイナム指揮マーラーの交響曲第四番。 ...
  • リヒャルト・シュトラウスでいえば《家庭交響曲》と《アルプス交響曲》の間の時期だし、スクリャービンでさえ、ちょうど《法悦の詩》という標題のついた交響曲第四番を仕上げていました。 ...
  • 六つのシンフォニーのうち、「交響曲第四番=ヘ短調」はチャイコフスキーにしては明るい曲で、ストコフスキー、メンゲルベルク、クーセヴィツキーなどが指揮しているが、ストコフスキーとメンゲルベルクの吹込みが古く、クーセヴィツキーのは演奏がに落ちず、ここに挙げるほどのレコードはない。 ...
  • 例えば『さすらい』ではフォークソング、『四季・ユートピアノ』ではピアノそしてマーラーの交響曲第四番第一楽章および第四楽章が効果的に使われている。 ...