交竹院先生

17 の例文 (0.00 秒)
  • 白井平右衛門といいますけど、この兄と交竹院先生とが永年の友人でね。
  • 交竹院先生に診ていただきに来た患者さんね?
  • 名義上、とっくに交竹院先生の養い子になっているんだ。
  • 何とかそれに乗せてもらって、 「交竹院先生のあとを追おう」 と彼らは密々に計画を立てているようだ。 ...
  • 表医師の奥山交竹院先生には姪に当る嬢ちゃんでございます。 ...
  • 平八郎さんが地借りしている幕臣だとか交竹院先生のお宅に息子を弟子入りさせている浪人者だとか、わたくしにはだれが何やらよくわからない人たちがぞろぞろ取り巻きについて来ていますから、中には遊女屋に登楼してしまう殿方も出るかもしれません。 ...
  • 交竹院先生へのお愛想のつもりで、せめてひと口ぐらい吉原で召しあがっていただこうじゃありませんか。
  • ただいま交竹院先生宅に内弟子に住み込んでおります。 ...
  • 交竹院先生のめい、わたくしの養女ということで月光院さまも格別お目をかけてくださっている様子だし、すえずえきっと出世しますよ。 ...
  • でも父親の喜内どのを刑死させ、伯父の交竹院先生を島流しの憂き目に逐いやったこんどの事件の、わたしは元凶です。 ...
  • 交竹院先生のお知り合いに乗勝院快融と申す大先達がおられると聞き、修法をお願いしたのでございます。
  • でも佳寿ねえさまや交竹院先生はすぐ引きあげて来なさるでしょうし、喜内さん、平八郎さんたちもご家内がいてはそうそう羽目もはずせませんからね。 ...
  • 交竹院先生のお口ききで、ちかぢかにわたくし、甲府宰相のご愛妾お喜代ノ方さまのお館へ出仕するつもりでございます。
  • わたしは若造だし、まだまだ修業途上だが、交竹院先生にしごかれながら五年間、御蔵島で実地に島民の治療にたずさわった実績はあるんだ。 ...
  • 「永年の悲願がかない、三宅島役所の横暴から逃れることができたのも、交竹院先生、桂川甫筑法印、それと神主の、加藤蔵人どののおかげだというわけで島民たちは木像を刻み、三宝神社と称する社を建てて三人を神にまつったそうです」 驚いて、百合は夫に言った。
  • 家継将軍は、でも危険な幼児期を切りぬけ、つつがなく六年目の新春をお迎えになったし、小児科の名医と折り紙つきの奥山交竹院先生がお身体癖をすっかり呑みこみ、心血をそそいで健康管理に当っておられるのだから心配はない、上さまはかならずつつがない成長をとげらると、月光院派の女中たちは口を揃えて言い切る。 ...